Perkins EQ: 滑らかで豊かな音質を実現するブリティッシュEQを各チャンネルに装備

OnyxのプリアンプのPerkins EQセクションについてお話しする前に、その設計者であるCal Perkinsについてご紹介させていただきます。Cal はGreg Mackieとともに、XDRマイクプリアンプ、HRシリーズモニターのようなMakieの技術革新の駆動力となっている人物です。30年以上におよぶキャリアはの中で、彼はMackieのみでなく他社のクラシックオーディオ・ギアの設計にも携わっています。

Perkins EQは、60年代・70年代イギリスのクラシックEQのサウンドを小型ミキサーに導入するという初の試みでした。Calは、音楽性豊かで「英国の侵略」とも賞されるほどのミキシングコンソールとして知られるWienブリッジサーキットトポロジーから着手しました。Wienブリッジサーキットトポロジーの設計は、音楽性豊かな幅広いQ値を持ったフィルターと引き換えに、ブースト/カットキャパシティを失っていました。そのため、Wienブリッジは、滑らかなサウンドを実現できましたが、現在のミキサーに比べるとコントロールの行いにくいものでした。

そこがまさに、ユーザーのためににもっと改良するべき、とCalの見込んだ点でした。

Wienブリッジの特質すべてを超えるため、彼は細部まで網羅した20ページにもおよぶ方程式を立ててこれを解くことにより、最適な抵抗と静電容量値をはじき出しました。この値によって、ミキサーはフィルターのQ値を小さくすることなく、6dB大きなコントロール(±15dB)を得ることに成功しました。次にCalはフェーズの変化を最小にするためにフィルターを組み合わせ、EQセクションが最大限に豊かな音質を生み出せるようにしました。最後に、信号経路からEQ回路をのぞくためのハードウェアバイパスを、各チャンネルに付け加えました。

完成品は、"in"モード時には滑らかですばらしいサウンドを生み出し、"out"モード時には全くサウンドを変質させることのない音質豊かなアナログEQセクションとなりました。ノブひとつひねるだけで蜜のように滑らかに変化する世界をご堪能頂けます。

*実際には1960年代・70年代の"ブリティッシュEQ"回路には、設計者の人数と同じぐらいの型があるのですが、Calが使用したWeinブリッジトポロジーが最も滑らかであるといわれています。