Onyx マイクプリアンプ:スタジオプリアンプのパフォーマンスをコンパクトミキサーで

主力商品Onyxマイクプリアンプの開発にあたって、私たちは未だかつてない挑戦をつきつけられました。専用機のような性能、そして現実的な条件での使用。すなわち、どのようなマイクを使っていてもかっちりとしていて高級感、臨場感にあふれる音を再現し、低音は細やか、ミッドレンジは質感をもたせるプレアンプをお届けしたいと思う一方、Onyxのプリアンプは低、高周波のエネルギーレベル高い場所や、長いケーブルや、時には臨時のケーブルがはりめぐらされるといった、現実的な環境で機能しなくてはならないともわかっていました。

このパラドックスを解決するため、VLZPROミキサーにも使用され、絶大な性能を誇るXDRマイクプリアンプのデザインを改良しOnyxのプリアンプに用い、さらに、低ノイズ、高ヘッドルームのオーディオ向けに開発されたカスタムICチップを加えました。その結果、難解な独立型専用機に比べて遜色のない正確性、透明性に加え、専門用語でいうなら、高いダイナミックレンジを実現することができました。

特に Onyxマイクプリアンプは、ダイナミックレンジ123dB、入力換算雑音-129.5 dBm、全高調波ひずみ0.007%というすばらしいスペックが検証されました。インピーダンス、線形性、ローゲイン設定時の最大出力、シールディングとアースの効率、オーバーロードリカバリー、高周波干渉防止などの項目でも、Mackieの歴史始まって以来の性能を誇ります。Onyxのプリアンプは、「現実世界の」ゲインセティング時の仕様を想定しており、+22dBレベルからリボンマイク出力のマイクロボルトレベルまで、ノイズをのせることなく簡単に扱うことができます。

Onyxのプリアンプのよさは一般の仕様書やテクニカルトークによっては語り尽くすことはできません。高性能のスタジオ用Onyxのプリアンプをあなたご自身が差し込まれた時が本当のテストの始まりです。ヘッドルームと細部隅々にいたるまで、耳を傾けてみて下さい。そして、同じマイクをほかの小型ミキサーや、高価な独立マイクプリアンプに差し込んでみれば、他の製品にはない Onyx プリアンプの透明性と忠実性をお分かり頂けるはずです。