Mixers Loudspeakers Studio Monitors Digital Recording Amplifiers & Processors Software Accessories
Compact  |  Small Format Live  |  Mid Format Live  |  Large Format Live
ONYX-i SERIES
QUICKLINKS

レビュー


アワード



MIX Award

PAR Award

Pro Sound Web Award


     

プレミアムなアナログミキシングをDAWと完璧に融合、FireWireを搭載したコンパクトミキサーの最高峰

16チャンネルの1640iは、すべてに4バンド・デュアル・スイープPerkins EQを装備した16モノ/ライン・チャンネル、プリ/ポストの切り替えとソロ機能付き6系統のAUXセンド、4つのサブグループと多機能なマスターセクションを持つ、このシリーズのフラッグシップにあたるミキサーです。そのチャンネル数の多さを考えると、1640iはとてもコンパクトで、ラックにマウントすることが可能です。さらに、カスタムメイドのスタジオ用ラック、ライブサウンドでの設置、ポスト・プロダクションの機材室など、あらゆる設置方法に合うように端子面の位置を変更できる、新しくなったフレキシブルなRotoPodを備えています。1640iは、16x16 FireWireインターフェースをミキサー本体に内蔵し、すべてのチャンネル、AUXセンド、サブグループ、マスターL/Rの信号をお気に入りのDAWに送ることができます。加えて、1640iでは、テープスタイルのミックスダウンのために、コンピューターから16チャンネルまでの出力を、FireWireを経由して、直接チャンネル・ストリップに戻すことができます。さらに、FireWireの能力を活用すれば、複数の1640iを接続することも可能で、より大規模なセッションを録音、ミックスダウンすることが可能になります。



1600W Total System PowerDAWとの親和性を追求
Mackieの機材設計は、多くの場合、ユーザーからのレスポンスとアドバイスを反映しています。つまり、私達はユーザーのために機材を設計しているのです。過去数年間、私たちは、DAWを自由に選択したいという多くの要望を耳にしてきました。そこでOnyx-iを設計するとき、この要望を中核に据えました。Onyx-iシリーズは、他のどのオーディオ・インターフェースよりも、DAWとの高い親和性を誇っています。Pro Tools® M-Powered™ 8*, Logic©, SONAR™, Cubase© などを含む、すべてのメジャーなDAWとOnyx-iシリーズの使用をMackieがクオリファイしています。熱心なMackieのユーザーは、彼らのMackieミキサーを世界で最もポピュラーなDAWで使うことができます。そして、Pro Tools® M-Powered™ 8 ユーザーは、新しい別の種類のツールをお気に入りのDAWで使うことができるのです。つまり、win-winの関係と言えるでしょう。

*Pro Tools® M-Powered™ 8 をお使いの場合は、Mackie Universal Driver Upgrade を $49.99 USD でご購入いただく必要があります。詳細はドライバーのダウンロードページをご参照ください。



1600W Total System Powerより高度なFIREWIREの統合
ONYXiはこのシリーズのフラッグシップのミキサーで、16x16 FireWireインターフェースを備え、DAWだけでは不可能だったこと、本当のテープスタイルのミックスダウンを可能にしました。

あなたが本当の意味でのアナログ・ミックスダウンをしているなら、1640iが提供するプレミアムな機能の恩恵を受けることができます。すべてのチャンネルを同時にDAWに送り、それらをレコーディングしてプラグインをかけます。すべての編集が終わったら、16のストリームを直接1640iのチャンネル・ストリップに戻せばよいのです。その後甘美なPerkins EQをかけるのも良いでしょう。これらすべての信号は、プレミアムなハイ・ヘッドルームのカスタム・サミング・バスを通過します。これによりデジタルとアナログのベストな特徴を組み合わせ、セッションを速く、簡単に、かつてなく素晴らしいサウンドで仕上げるための、シームレスなワークフローを構築することができます。

Wet or Dry? — 信号はウエットでもドライでもかまいません。このミキサーのすべてのチャンネルは、プリまたはポストEQでルーティング可能で、'EQ to テープ'を適用するかどうかを選択できます。
スタジオ品質のエフェクト—すべてのAUXセンドをコンピューターに送ることが可能で、ライブの現場では、お気に入りのプラグインを立ち上げ、コンピューターを強力なFXエンジンとして活用できます。
ミックスを保存する — MasterのL/Rはアナログ・ミックスの録音のために、コンピューターに送ることが可能です。ライブが終わったらすぐに、ライブミックスのCDを焼いてその場で販売できます!
ミックスを統合する — 16までのコンピューターからのソースを、その場でモニターするためにコントロールルームに返したり、チャンネル・ストリップに戻してミックスに統合することができます。
レイテンシーのないオーバーダブ — これはハードウェアのミキサーが持つ大きなメリットの1つです。アナログ・ミキサーなら、レイテンシーのないオーバーダブも簡単です。スタンドアローンのインターフェースで使われている難解な"DSP"ミキサーに手を焼く必要はもうありません。

多くのDAWでは、すべてのセッションで複数の1640iの使用を可能にする、デバイスの追加がサポートされています。32または48チャンネルをDAWと無理なく入出力できることを想像してみてください。すべてのパワーはあなたの手の内にあります。まさに現代のテクノロジーとクラシックなミキシング・スタイルの理想的なコンビネーションと言えるでしょう。

EAW Logoアナログミキサーとしての価値
プレッシャーの多い、レコーディング・セッションやライブのパフォーマンスの現場では、アナログミキサーの安定度や信頼度に勝るものはありません。20年にも及ぶ設計の経験がある、この業界でも有名な技術者によって磨き上げられたOnyx-iシリーズ・ミキサーは、現在のサウンド・エンジニアが入手可能なフル機能のアナログ・ミキシング・ボードとしては最高のサウンドを提供します。
1640iはもてあますほどのアナログ性能を持っています。フル機能の16のチャンネルは、今日入手可能な高品質なプリアンプの一つとしての評価を得たOnyxマイクプリアンプを装備しています。すべてのチャンネルに、48Vファンタム電源、ローカットスイッチ、よく知られたMackie EQの正確さを犠牲にすることなく、質の高い音楽的なQフィルターを提供する4バンドのデュアル・スイープPerkins EQを装備しています。6系統のAUXセンドは、モニター用のミックスやエフェクト・ループなどの別系統のミックスのためにプリ/ポスト・コントロールを備えています。1640iは4-バス構造を持っており、複数のPA設定用のミックスやゾーン出力の調整に最適です。チャンネル1と2にはDI機能を内蔵し、ギターやベースなどを直接接続することが可能で、マイクを内蔵した専用のトークバック・セクションにより、ステージ上、またはレコーディング中のバンドのメンバーと簡単にコミュニケーションすることができます。これらの実績のある優れたサウンドのアナログ機能によって、歴史に名を残すミックスの作成もより簡単になりました。



Photo of EQクオリティーへのこだわり
Onyx 1640iは多数のプロフェッショナル級のアナログ機能と、非常に親密なDAWとの統合環境を提供します。しかしそれだけではありません。その機能的、現代的なデザインゆえ、エンジニアの友達に自慢するために、美術館級のディスプレイをしたい衝動にかられるかもしれません。もちろん、Mackieの製品ですから、"戦車級の頑丈さ"を誇り、これから何年にもおよぶ激務をこなすことは間違いありません。

すべてのオーディオ機器メーカーにとって、たくさんのクオリティーの低い部品をシャーシに詰め込むことは簡単なことで、実際多くのメーカーがそうしていますが、Mackieのミキサーはその限りではありません。Onyx-iシリーズのすべては、クオリティーそのものであり、そのクオリティーのために、すべての信号経路にハイエンドの部品が使われています。フロントエンドでは、Onyxマイクプリアンプによる穢れのない信号の増幅を感じ、それを有名なPerkins EQに通すこともあるでしょう。その後信号は、ポテンショメーターを埃や汚れから守る、シールド加工された一連のロータリーノブを経由し、前述された部品によって原音のクオリティーを保ったまま、可能な限り高いヘッドルームを提供するために独自に設計されたサミングバスに到達します。信号をFireWireの出力にアサインすることもあるかもしれません。その場合、信号はハイエンドのCirrus製コンバーターを介していとも簡単に送信(信号も戻していた場合受信)されます。これらのコンバーターはMackieが検証した中では最高のもので、より高級な(そして高価な)インターフェースの一部に使われているものです。最初から最後まで、使用方法に左右されることなく、ONYXiはこの業界のプロフェッショナルが求めるクオリティーを提供します。


 


24-bit/96kHz FireWire I/O 内蔵16チャンネル・プレミアム・アナログミキサー
» Pro Tools® 9
» Pro Tools® M-Powered™ 8
(www.mackie.com で $49.99 の USD ドライバーのアップグレードが必要)
» Logic®
» SONAR™
» Cubase®
» Ableton® Live
» Final Cut Pro®
高級機にも匹敵する16 Onyxマイクプリアンプ
全マイク/ライン・チャンネルにミッドレンジ・スイープ4-バンドPerkins EQを装備
究極的なDAWとの統合を可能にする、フル 16x16 FireWireチャンネル・ストリーミング
柔軟なFireWireのルーティング - AUXセンド、グループのアサイン、全チャンネルでプリ/ポストEQの選択が可能
SOLOとプリ/ポストの切り替えが可能な6系統のAUXセンド
スムースなチャンネルとマスターの60mmフェーダー
チャンネル1と2に DIを内蔵し、ギターやベースなどをダイレクトに接続可能
すべてのマイク入力に個別の48Vファンタム電源スイッチを装備
全チャンネルに4-セグメント・メーターを装備
チャンネルの柔軟なサブ・グルーピングが可能な4バス構造
内蔵マイクまたは外部マイクの使用が可能なトークバック・セクション
デスクトップやラックマウントでの設置に対応する回転式I/Oポッド ; ラックイヤーを同梱
世界中で使用可能な"プラネット・アース"スイッチング電源

MORE INFO

FOR PC

Microsoft Windows 7 32 / 64, Vista 32 / 64 RTM または XP SP 2
Pentium 4, Celeron または Athlon XP プロセッサー
512 MB RAM

FOR MAC

Mac OS X 10.4.11 – 10.6.4
G4 プロセッサ 以降
512 MB RAM


 

Press | Register a product | Dealer Locator | Forums | Jobs | Corporate Info | Legal  | Comment?

Alvarez | Ampeg | EAW | Mackie
Copyright © LOUD Technologies Inc. All Rights Reserved.