Mixers Loudspeakers Studio Monitors Digital Recording Amplifiers & Processors accessories swag
Portable Powered  |  High-Definition Powered  |  Portable Passive
HD Series
HD1221

レビュー




     

SMALL PACKAGE. BIG RESULTS.

HD1221が登場するまで、パワー、ポータビリティ、プロフェッショナル級のサウンドを、これ程までに完璧に融合したスピーカーは存在しませんでした。2ウェイ高解像度パワード・ラウドスピーカーはHD1221、クラスをリードするパワー、比類なき明瞭度、究極のフレキシビリティー、そのサウンドに見合ったデザイン性を兼ね備えています。Class-D Fast Recoveryアンプは1200Wのシステムパワーを誇ります。高解像度オーディオ・プロセシングは、次世代のMackieアクティブエレクトロニクスと独自の音響補正技術を内包し、ポータブルなPAシステムとしてはかつてない体験を提供します。自由度の高い設計により、スタック、ポール・マウント、フライングでの設置に対応し、さらにプレミアムなステージ・モニターとしても使うことができあます。ライブサウンドの世界は複雑になりがちですが…ラウドスピーカーの選択においては、必ずしも「複雑なシステムほど優れている」というわけではありません。



出力を最大化
この強力なバイアンプのシステムは、とてもコンパクト(あのSRM450よりもさらに小さい)で、なおかつ非常に強力で、豊かな500W RMSの低周波数域用アンプと100W RMSの高周波数域用アンプが採用され、あわせて最大SPLは133dBまで(計算値、実測の最大SPLは124dB)の出力を誇ります。SPLの計測に関しては様々な議論があり、紙上で表記されている値がすべてを語るとは限りません。この種の混乱を避け、Mackieは真実を伝えるということを証明するために、私たちは怪しいSPL計測の世界を理解するのに役立つ、便利な(ある意味オタク的な)ガイドを作成しました。: 最大SPL値の真実とは?計測や計算の話は別にしても、一度でもHD1221を試聴すれば、他のあらゆるポータブルな12インチ2ウェイのラウドスピーカーよりも、費用対効果が高いことが理解できることでしょう。

HD1221には、驚愕の1200Wピーク・システムパワーを出力する、最新のClass-Dアンプリファイヤー技術が採用されています。内蔵のアンプは2台とも、Mackie伝統のFast Recovery回路が採用されています。他のアンプリファイヤーはクリップ領域までプッシュされると、歪んだオーディオの原因となる"ラッチ"を起こすのに対して、Fast Recoveryアンプ方式では、瞬発的な強いトランジェントにも瞬時に反応し、アンプが復旧するまでの時間を大幅に減少させ、必要とされる領域でクリーンなオーディオを確実に提供します。



かつてない体験
Mackieが精密なクロスオーバーとトランスデューサーのタイム/フェーズ・アライメントのプロセシングをラウドスピーカーでも採用し、"アクティブ"エレクトロニクスの流れを作ったのはかなり前のことですが、この革新により、完璧にチューニングされたシステムをセットアップする作業から推量的な仕事をなくし、ラウドスピーカーの世界に後戻りできない進化をもたらしました。HDシリーズ高解像度パワード・ラウドスピーカーは、進化したアクティブ・テクノロジーだけに留まらず、まったく新しいレベルに到達し、パワード・スピーカーに高解像度のライブサウンドという、次の大きな進歩をもたらしました。

Click to zoom市場で最も高価な部類のラウドスピーカーでさえも、ラウドスピーカーの構造に起因する音響的な問題を内包しています。ホーン・ローデッド・ドライバーは"ホーン鳴り"を生じることがあり、コーンドライバーが担当する高域では濁ったサウンドの原因となる物理的な共振が発生します。

Mackieの高解像度オーディオ・プロセシングでは、高解像度のライブサウンドの肝は、ホーンとウーファーの先天的な問題を詳細に計測/分析し、その後、この問題そのものを補正するための、NASA級に高度な(特許取得済みの)音響補正アルゴリズムを作成、適用しています。その結果HDシリーズは、オーディエンスに、その精度の高さのみならず、迫真性のある鮮明なサウンドを体験させることができるのです。

HD 技術解説: HD (ハイ・ディフィニション)真の高解像度を実現する技術についての詳細は、こちらをクリック。



強力なパートナー達
EAW LogoHD1221は単にパーツを寄せ集めた製品よりも遙かに優れ、完璧にチューニングされたシステムです。Mackieは、この業界でも最もハイエンドな製品を提供する、協力関係にあるプロフェッショナル機器メーカーの開発部隊から援助を得て、この製品を開発しました。HD1221では、Eastern Acoustic Works (EAW)とMartin Audio両方のメーカーと共同で開発を行いました。EAWの開発チームはこの小型スピーカーの設計に大きな役割を果たしました。システムのファインチューンにより、完全に最適化され、カスタム設計のトランスデューサーで、最大の効率とパフォーマンスを約束します。さらに、数々の賞を受賞してきたMartin Audioのエンジニアが設計した革新的なホーンを採用しています。

ハイエンドの12インチ・ネオジム・ウーファーには、3インチのボイスコイルが採用され、低周波数域用アンプによって供給される夥しいパワーを扱える構造になっています。マグネットにはネオジム素材が使われ、少ない容量でより強い磁場を形成します。これにより、性能を損なうことなく、ウーファーを軽量化しています。また大型の3インチ・ボイスコイルは、過去の設計のものよりも、熱容量が大きく、放熱性も高められています。

1.75インチのコンプレッション・ドライバーには、熱処理チタニウム素材を採用し、高音域を鮮やかに再生します。この熱処理はダイアフラムの強度を向上させ、表層の非連続性によって生じる耳障りなディストーションを防止します。この処理によりドライバーの寿命も長くなり、長期にわたって美しい高周波数域の再生を期待することができます。HFドライバーは、Martin Audioが独自に設計した90 x 50度の指向角を持つホーンにマウントされ、そのコンパクトなサイズながら優れたパフォーマンスを提供し、さらにホーンを90度回転させて、アプリケーションに応じて、最適な指向角にあわせることができます。



ユーザーが調整可能なボイシング・システム
HD1221はアプリケーションに応じて簡単に変更可能な、プロフェッショナル・トーン調整機構を備えています。背面パネルに用途に合わせて選択する3ポジションのボイシング・スイッチがあります。標準的なPAのアプリケーションでは、"Normal"のままで大丈夫です。これはHD1221を最適なボリュームに上げるときに最も適した設定です。"Contour"ポジションでは、ハイエンドとローエンドが若干ブーストされます。これは低めのボリュームでもベストなフルレンジのトーンを得たい場合に適しています。HD1221をステージ・モニターとして使う時のために、"Monitor"のポジションが用意されており、ステージ上の熱気を損なわずに、モニター用のミックスのボーカルの抜けを改善し、なおかつフィードバックの可能性も最小限に抑えられています。



高い柔軟性
これまでに述べてきた音響学的な魔術(ハリーポッターではなく、むしろロード・オブ・ザ・リング的な)は、市場で最も小型で最もポータブルなキャビネットに満載されています。キラキラのロゴとプラスチックのエンドキャップをパチンとはめて、薄っぺらのエンクロージャーにこれらの高級なコンポーネントを詰め込み、仕事を終わらせることもできたのかも知れません。本当にこれで仕事を終わらせる人たちもいるようですが…Mackieは、市場で最も高額な商品とくらべても遜色のない、手頃な機材をずっと供給してきました。HD1521のすべて木材を使ったエンクロージャーも例外ではありません。15mm厚の樺材合板を使ったキャビネットは、頑丈な内部の支持材と耐久性のある黒塗りのテクスチャード加工でさらに堅牢性を増しています。パウダー・コーティング亜鉛めっきスチール製のグリルは、環境に溶け込む、整った現代的なルックスに貢献しています。スピーカーの存在を意識させたくない場合は、スピーカーのフロント面の、トレードマークとも言えるブルーのLEDを消灯させることができます。次回の仕事はモダンアートの発表会でも、落ち着いたデザインでスマートに仕事をこなします。

このようなプロフェッショナルな機能により、HD1221は最も万能なスピーカーの一つに仕上がりました。HD1501 パワード・サブウーファーと一緒に使うときは、ポールにマウントしたり、直接サブの上に置くこともでき、勿論三脚の標準的なスタンドを使うこともできます。美しく仕上げたいときは、12箇所のフライ・ポイントを活用して、縦にも横にも吊ることができます。まだ満足できないですか?上で述べたモニター用のボイシング・モードに加えて、HD1221のキャビネットには非対称の大きな角度がつけられ、音波の大切な部分はあなたのベルトのバックルの位置ではなく、直接頭に向けて届くので、優れたステージ・モニターとしても使うことができます。もしここまで読み進んで頂いたあなたは、私たちのコピーライターの魅力的な文章のスタイルを気に入られたことでしょう。そして願わくはHD1221にも興味を持って頂けたと思います。是非Mackieのディーラーを訪問して、デモ試聴を依頼してみてください。



 


1200Wの超高効率 Class-D Fast Recovery™ アンプを搭載
» LF 500W RMS /  1000W ピーク
» HF 100W RMS / 200W ピーク
以下の高解像度デジタルプロセシング技術を採用 :
» 独自の革新的な音響補正
» トランスデューサー間のタイム・アライメントとフェーズ・コレクション
» 精密な2-ウェイ・クロスオーバー
EAW®によるカスタム設計のトランスデューサー
 
» 12インチ・ネオジム・ウーファー 3インチ・ボイスコイル搭載
» 熱処理チタニウム・ダイアフラム 1.75インチ・コンプレッション・ドライバー
Martin Audio® によるカスタム設計の 90 x 50 ホーン 90度回転可能
60度のモニター角度によりステージ上でも最適なカバレージを提供
システム・チューニングを容易にする、ユーザーが選択可能な3つのボイシング・モード
超コンパクトで軽量設計(22.7kg)
リミット回路と保護回路を内蔵
すべて木材を使用した頑丈なキャビネット(15mm厚の樺材合板)
縦にも、横にも吊ることができる12箇所のフライ・ポイント
スタンド / ポール・マウント対応



 

Press | Register a product | Dealer Locator | Forums | Jobs | Corporate Info | Legal  | Comment?

Alvarez | Ampeg | EAW | Mackie
Copyright © LOUD Technologies Inc. All Rights Reserved.