2014年9月17日
MACKIE 1000Wハイパワー パワードスピーカー「SRM v3シリーズ」製品レビュー記事掲載

サウンド&レコーディングマガジン2014年10月号にMackie 1000Wハイパワー パワードラウドスピーカー「SRM v3シリーズ」製品レビュー記事が掲載さてれおります。(P121)
SR201410
本誌では12インチ2Wayモデルの「SRM450 v3」を第一線の現場で活躍中のPAエンジニアの方にさまざまなソースを使い、製品レビューして頂きました。

実機を梱包箱から取り出す際に、思いのほか重量が軽く(16.8kg)、また天面、両サイドと3箇所にハンドルがあり、人での少ない現場でも運搬や設置において、楽に作業ができると好印象を持っていただきました。もちろんこの可搬性のよさは初代SRM450から引き継がれており、15年前のエンクロージャーの設計とは思えないほど、すばらしいと好評価をいただきました。

今回バージョンアップした機能も事細かにレポートいただいております。内蔵DSPで4種類(PA/DJ/MON/SOLO)の周波数特性をワンタッチで切り替え可能なSRMv3シリーズは時間の無い現場でスピーカーチューニングが不要。PAモードではフラットで癖のないサウンド、DJモードではキックやベースが前に出るにもかかわらずボーカルの帯域が埋もれずに再生、SOLOモードではボーカルの帯域の明瞭度がアップ、モニターモードではレベルをあげてもハウリングを回避してくれるといずれも高い評価をいただきました。 (続きを読む…)


2014年9月12日
伝説のライブサウンドスピーカー『SRM Series』がversion3にヴァージョンアップし発売開始

SRM series_logo最新DSP搭載
1000W高解像度パワード・ラウドスピーカー
新たなる伝説SRM V3シリーズ
SRM450_350
コンパクトパワード・ラウドスピーカーの代名詞として全世界でベストセラーのSRMシリーズがV3になって進化を遂げました。外観、寸法サイズはそのままで、1000Wハイパワーアンプを搭載。さらに使用状況に応じてワンタッチで切替可能な4種類のスピーカーモード、急激なハウリングを瞬時に回避可能な4ポイントのフィードバックデストロイヤーも搭載。また、独立したレベル調整可能なワイドレンジのMackie Wide-Z™入力端子を2ch装備し、マイクやラインレベルはもちろんのことギターなどのハイインピーダンス入力にも対応。さらにステレオRCA端子も装備し様々な音源にも対応が可能です。コンパクトパワードスピーカーSRM v3シリーズは卓越した機能を豊富に搭載し、さらなる飛躍を続けていくことでしょう。
SRM_REAPANEL

※1000W D級パワーアンプ搭載
2Wayフルレンジモデル「SRM450v3」「SRM350v3」をご用意。この2つのモデルはカスタム設計、高出力スピーカードライバーユニットを搭載し、1000Wもの驚異的な出力を実現。ポータブルスピーカーマーケットに求められる最高のサウンドを実現。

※ハイパワーサウンドだけではなく・・・。
使用用途に応じてワンタッチで切替可能な4種類のスピーカーモード。急激なハウリングを回避してくれるフィードバックデストロイヤー。人手の足りない現場やチューニングの時間が少ない現場でもSRM v3シリーズが皆様をお手伝いいたします。

※スタジオモニター並みの高解像度サウンドを実現
上位機種のHDシリーズや兄弟ブランドのEAWで採用されているDSPを搭載。HFホーンの鳴りやLFドライバーの無駄な音をアコースティック補正アルゴリズムで最適化することにより自然で奥行きのあるスタジオモニタースピーカー並みの高解像度サウンドを実現。

※独立した2chのミキサー搭載
独立したレベル調整可能なワイドレンジのMackie Wide-Z™入力端子を2ch分装備しマイクやラインレベルはもちろんのことギターなどのハイインピーダンス入力にも対応。さらにステレオRCA端子も装備しさまざまな音源に対応が可能。

※15年以上守り続けているもの
15年前に発売開始されたSRMシリーズは今日に至るまで“戦車級に強靭な”キャビネットデザインや「スタジオモニター並みのサウンドをPAシステムで再現したい」という基本設計理念はそのまま変わることなくSRM v3に受け継がれました。 (続きを読む…)