2014年9月26日
1600W木製キャビネット「SRM Series」ラインナップ拡充 15インチデュアルウーファー「SRM750」発売開始

SRM750_logo
1600W高解像度パワード・ラウドスピーカー
最新DSP搭載
高解像度パワード・ラウドスピーカー
デュアルウーファーシリーズ

SRM750_3qtr
高解像度パワード・ラウドスピーカー「SRM750」はMackieの”戦車級に頑丈な“設計のもとパワードスピーカーに求められるシンプルな操作性とプロフェッショナルな現場に求められる機能性を向上させました。

1600Wのハイパワー・パワーアンプを搭載し、さらにデュアルウーファーを採用した「SRM750」はライブサウンドレベルに充分な音量を実現。18インチデュアルサブウーファー「SRM2850」2本と組み合わせることにより驚異的なハイパワープロフェッショナルライブサウンドを皆様にご提供します。

※このクラス最高のパワー
最高のサウンドをかもし出す15インチデュアルウーファーを採用した2Wayフルレンジモデル「SRM750」はカスタム設計、高出力スピーカードライバーユニットを搭載し、1600Wもの驚異的な出力を実現。フルバンドライブイベントやロックフェス、大規模CLUBにも対応可能なシステムです。

※Built-Like-A-Tank
内部を支柱で補強し、“戦車級に頑丈な”15mm板厚木製エンクロージャーを採用。フロントグリルは強靭なブラックスティールを採用。頑固なまでにタフな設計は無駄な箱鳴りを防止するだけでなく、移動の多い過酷なPA/SR現場でも安心してお使いいただけます。

※スタジオモニター並みの高解像度サウンドを実現
上位機種のHDシリーズや兄弟ブランドのEAWで採用されているDSPを搭載。HFホーンの鳴りやLFドライバーの無駄な音をアコースティック補正アルゴリズムで最適化することにより自然で奥行きのあるスタジオモニタースピーカー並みの高解像度サウンドを実現
SRM750_rear_panel
※独立した2chのミキサー搭載
独立したレベル調整可能なワイドレンジのMackie Wide-Z™入力端子を2ch分装備しマイクやラインレベルはもちろんのことギターなどのハイインピーダンス入力にも対応。さらにステレオRCA端子も装備しさまざまな音源に対応が可能。

※ワンタッチで切り替え可能なスピーカーモード
4種類のスピーカーモードをワンタッチで切替可
1:PA Mode
2:DJ Mode
3:FILL Mode
4:SPEECH Mode

※Feedback Destroyer
4ポイント、1/16オクターブフィルターで急激なハウリングを回避

※様々なニーズに対応
メインスピーカーとしてデュアルサブウーファー「SRM2850」の上にスタック、スタンドアローンやサイドフィルモニター用として三脚設置、常設用としてM10リギングポイントを10箇所装備。パワードスピーカーに求められるさまざまなニーズに対応。 (続きを読む…)


2014年5月2日
1600W高解像度パワードラウドスピーカー「New SRM Series」用カバー発売開始

大切な機材を守りましょう。 
New SRMシリーズ『SRM550』『SRM650』『SRM1850』用スピーカーカバー発売開始
移動時の衝撃や保管中のホコリからあなたの大切な機材を保護します。
Cover for NewSRM (続きを読む…)


2014年2月26日
1600Wパワードラウドスピーカー「New SRMシリーズ」、Onyxプリアンプ搭載コンパクトミキサー「VLZ4シリーズ」導入レポート

著名なアーティストを輩出し続ける神奈川県藤沢市・湘南江ノ島。そんな音楽の街、藤沢市の中心、藤沢駅より徒歩4分の好立地にある音楽スタジオ「太陽ぬ荘(てぃーだぬそう)スタジオ」様にこの度Mackie 1600Wパワードラウドスピーカー「New SRMシリーズ」とコンパクトミキサーの代名詞「VLZ4シリーズ」を導入いただきました。

「太陽ぬ荘スタジオ」様は全9部屋(グランドピアノ常設とダンス用30畳のブース2室含む)という大型スタジオです。広いロビーでは定期的にライブイベントも開催。プロミュージシャンも多数出演されております。lobby

今回の機材更新ではすべてのスタジオに1642VLZ4を導入いただきました。また中規模スペースでバンドのリハに人気の参、四、九スタジオにはフロアモニター用としてSRM550も導入いただきました。さらに音楽の街、藤沢では週末になると各地でライブイベントが開催されるため、「太陽ぬ荘スタジオ」様は機材レンタル、PAオペレートも行っており、イベント用機材としてのSRM550も導入いただきました。もちろん自社の広いロビーでのライブイベントでもSRM550が今後活躍してくれることでしょう。

「太陽ぬ荘スタジオ」様の代表取締役でもあり、自らPAオペレート業務もこなす相澤 誠嘉様に導入に至るまでのお話をお伺いいたしました。
(続きを読む…)


2014年1月17日
Mackie高解像度1600Wパワードラウドスピーカー「New SRMシリーズ」製品レビュー

Sound&Recording Magazine 2014年2月号にて進化を遂げた業界標準パワードラウドスピーカー「New SRMシリーズ」の製品レビュー記事が掲載されております。(P114)
S&R201402
本誌では12インチ2wayバージョンの「SRM550」を実際のライブイベント本番とDJイベント本番で使用いただき、進化を遂げた「New SRMシリーズ」の実力を余すところなくレポートいただいております。木製エンクロージャーを採用し、1600Wの高出力のパワーアンプを搭載しているにもかかわらず、16.8kgと小型軽量の本機は、人手の足りない繁忙期にも一人で設置ができ、小中規模のイベントに最適な機種であることをレポートいただいております。またその人手の足りない現場をサポート可能な、急激なハウリングを自動で回避してくれるフィードバックデストロイヤーや、チューニングの時間を短縮してくれる4種類のスピーカーモード、楽器、マイク、ラインすべての音源に対応可能な2chミキサー機能など、高機能な面も評価いただいております。さらに、内蔵DSPによる音響補正技術により、フラットで自然なサウンドを再生するスピーカーの本質である音質も高評価をいただきました。 (続きを読む…)