2014年10月16日
すべてを、どこにいても。いままでにないミキシングを可能にしたデジタルライブサウンドミキサー Mackie DL32R

DL32R_Email_Header_600x300_v3
DL32RはiPadと共にワイヤレスですべてのコントロールを可能にした32チャンネルデジタルミキシングコンソールです。直感的操作を実現するiPadアプリ 「Master Fader™」でミキシングコンソール内部のDSP操作、USBハードドライブへのマルチトラックレコーディング、そしてDL32Rへのマルチトラックプレイバックなどすべての機能をワイヤレスで操作が可能です。いままでにないミキシングを可能にしたデジタルミキシングコンソール、すべてをどこにいても。それがMackie DL32Rです。

フルヴァージョンの製品紹介ビデオはこちら。

「今までのような考えを捨てることにより、ミキサーは新たな次元へと進化し、より操作しやすいものになると確信してました。」とMackieプロダクトマネージャーのBen Olswangはコメントしました。「妥協なくすべての機能をワイヤレスでコントロールを可能にすることにより、いままでになかったミキシングを可能にしました。」
DL32R_front

Mackie DL32Rは3Uラックマウントの超コンパクトサイズにもかかわらず、フレキシブルでプロフェッショナルな入出力を装備しています。すべての32ch入力(XLR*24個、XLR/TRSコンボ*8個)にはプリアンプゲインやファンタム電源ON/OFFをワイヤレスでコントロールでき、リコール可能な新しいMackie Onyx+™マイクプリアンプを搭載。高品位なサウンドとクォリティーで定評と実績のある今までのOnyxマイクプリアンプをさらに改良したのが新しいMackie Onyx+™マイクプリアンプです。

「すべてのゲインセッティングを1db以内で20Hzまで追い込むことができる周波数レスポンスを得ることができます。」「すべてのゲインセッティングにおいてノイズは最小限に抑えられます。他社のミキサーではあり得ないことだと思います。」「DL32Rのインプットゲインはプロフェッショナルライブサウンドの厳密な基準のもとデザインされ、真のプロフェッショナルサウンドを実現します。」とBen Olswangは語ります。
Master-Fader-3-Mixer
Master Faderコントロールアプリによって14個のXLRアウトプットコネクターにステージモニター送りやマトリックスアウトなどすべての出力をアサインすることができます。またデジタルスピーカープロセッサーなどにアサイン可能なAES/EBUデジタルステレオ出力もフロントパネルに装備。また会場内どこにいてもモニタリングできるようにワイヤレスインイヤーモニターシステムにアサイン可能なステレオモニターアウトプットも装備しています。

Mackie Master Fader iPadアプリによってすべての操作をワイヤレスで操作可能なデジタルミキサー、DL32Rはいままでにないミキシングを可能にしました。メインミキサーを会場内中央に置く必要もございません。ミキサー本体はステージ上、もしくはステージサイドのラックに収納してしまいましょう。もうマルチケーブルは必要ございません。会場内の柱の後ろやバルコニーの下にしかミキサーを置けず、困った会場もあったかと思います。もうこういった会場内の最悪な環境に悩まされることはございません。会場内どこでも最適なミキシングができます。もちろんステージ上で完璧なモニターミックスも可能です。
Master-Fader-3-Overview
メインミックス担当のエンジニアのみならず、モニターミックスのエンジニアや自分のモニターミックスをしたいミュージシャンなど自分のiOSデバイスひとつでDL32Rを操作することができます。触られたくない箇所はメインミックス担当のエンジニアがアクセス制限をかけることも可能です。

DL32Rは2つの方法でマルチトラックレコーディングとマルチトラックプレイバックが可能です。まずはUSBハードドライブにダイレクトでアクセスする方法です。24ビット、48kHzで24トラックレコーディングと24トラックプレイバックが可能です。近い将来、ファームウェアーのアップデートを予定しており、32×32が可能になる予定です。もちろんワイヤレスでこれらの操作ができます。
Master-Fader-3-Recording-Playback
DL32RにUSBハードドライブを接続するだけで会場内どこにいてもプレイバックコントロールが可能です。」「再生データは幕間のBGMやメンバー不足時のバックトラックにも使えます。わざわざレコーディングやプレイバックのための機材を用意しなくても大丈夫ですよ。」とBen Olswang。

2つめの方法は32×32のUSB2.0オーディオインターフェースを装備おり、DAWソフト経由でマルチトラックレコーディングとプレイバックが可能です。レコーディングデータは持ち帰ってミックスダウンしましょう。マルチトラックプレイバックはバンドがいなくとも会場内チューニングができるヴァーチャルサウンドチェックにも使えます。

DL32RにはパワフルなDSPを装備しており、大きなラックや高価なアウトボードエフェクターも必要ありません。すべての32ch入力にはハイパスフィルターを装備した4バンドパラメトリックEQと、ゲート、コンプを装備。4chリターンにはリターンチャンネル専用のEQとコンプ、14chのAUXセンド、6系統のマトリックスバスとステレオL/Rアウトには4バンドパラメトリックEQ、31バンドグラフィックEQ、コンプ/リミッターとタイムアライメント用のディレイも装備。6系統のサブグループにはEQとコンプも装備しています。これらのダイナミクス系プロセッサーにはモダンモードとビンテージモードが任意で選択可能です。さらに2系統のリバーブ、1系統のディレイの空間系エフェクターも装備。また6つのVCAグループや6つのミュードグループを組むことも可能です。
Master-Fader-3-IO-Patch

DL32Rはこの価格でVCAグループやサブグループ、マトリックスバスなどプロフェッショナルミキサーにしか搭載されていなかった機能をも搭載しました。」「すべての入出力にプロフェッショナルな機能を装備し自由なミキシングが可能なデジタルミキサーをこの価格で実現したのはいまだかつてみたことがない」とBen Olswangは語ります。

入力から出力までライブサウンドのために設計されたMackie Master Fader iPadアプリによりDL32Rすべての機能をワイヤレスで操作することが可能です。Mackie Master Faderアプリは非常にシンプルに設計されており、直感的な操作が可能です。32chミキシング可能なパワフルでシンプルなアプリ、それがMackie Master Faderアプリなのです。

「もっとも特徴的なのは自由に設定可能なビューグループです。」「6つの自由に設定可能なビューグループによりたとえばドラムだけとか、うわもの楽器だけとか瞬時に呼び出して調整することが可能です。画面を横にスワイプする時間を短縮できますし、どこに何を入力したかも覚えていなくても大丈夫ですよ。」とBen…


2014年4月9日
Mackie DL/DLM System「YOKOHAMA JUG BAND FESTIVAL VOL13」をサポート


Mackie DL/DLM Systemが2014年4月12日(土)に横浜駅周辺6会場にて開催される「YOKOHAMA JUG BAND FESTIVAL vol13」をサポートします。

YOKOHAMA JUG BAND FESTIVALは今年で13回目を迎える日本におけるジャグバンドの老舗イベントです。

ジャグバンドとは、ジャグ (瓶)、ウォッシュボード (洗濯板)、ミュージカルソー (ノコギリ)、カズー(ストーブの煙突、櫛、ティッシュペーパーを使ったもの)、ウォッシュタブ・ベース (洗濯桶とモップから作ったベース)、スプーンなど、身の回りにあるものから作られた手製の楽器などを多く使用し、これらの楽器にギターやバンジョー、ハーモニカ、アコーディオンなどの楽器が加わりジャズやブルース、カントリーなどを演奏するバンド。

そんなジャグバンドが日本各地からいっせいに集まって横浜駅周辺を盛り上げるイベント、それが「YOKOHAMA JUG BAND FESTIVAL vol13」です。

(続きを読む…)


2013年11月1日
iOSデバイスと共に使用可能なMackie DLシリーズミキサー、iPad Lightning Dockに対応しました。

DL_LIGHTNING_Header

大変長らくお待たせをいたしました。iOSデバイスと共に使用可能なデジタルミキサー「DLシリーズミキサー」がApple iPad Lightning Dockに対応しました。
(続きを読む…)