2014年10月30日
「SHIBUYA HALLOWEEN 2014」 をMackie 2000W 同軸2wayパワードスピーカー DLMシリーズがサポート

LENOVO_HALLOWEEN
Mackie 2000W同軸2Wayパワードスピーカーシステム「DLMシリーズ」が2014年10月31日(金)開催されるlenovo presents 「SHIBUYA HALLOWEEN 2014」をサポートいたします。当イベントはLenovoの公式Twitterをフォローしてハッシュタグ#lenovoシブハロを付けて呟くだけで渋谷の人気クラブ10軒が全て無料で楽しめるイベントです。

SHIBUHALO

Mackie DLMシリーズがサポートする会場は当イベントのMEETINGPOINTになっている渋谷109前ステージ。メインスピーカーとして12インチ同軸2wayスピーカー「DLM12」をフライングし設置。従来のスピーカーの2/3のサイズなのでステージの意匠を損ないません。また2000Wという高出力を提供するため、来場者に均一にサウンドを提供することが可能です。また、渋谷109前ステージでもゲストDJが登場するため、サブウーファーとして同じく2000Wハイパワーサブウーファー「DLM12S」を設置。12インチシングルでコンパクトながらこのサイズからは想像できないくらいの低域を再生します。さらに、DJ用モニタースピーカーには2000W 8インチ同軸2wayタイプの「DLM8」を使用。フロアモニターとして設置ができ、プレーヤーに最適なモニターサウンドを提供いたします。

豪華著名人の出演も多数決まっており、カリスマモデルのトークショーや人気DJによるDJプレイ、さらにミニライブなど、多彩な内容が目白押し!メインゲストの日本エレキテル連合の朱美ちゃんの仮装をしてPARCOイベントブースに行くと、レノボ最新タブレットがあたる抽選会にも参加が出来ます。イベント詳細スケジュールはこちら

今年のハロウィンは渋谷109にてMackie 2000Wコンパクトハイパワーサウンド「DLMシリーズ」と共に”シブハロ”を楽しんでみてはいかがでしょうか?

オフシャルホームページ:http://lenovo-shibuya-halloween.jp
ツイッター:https://twitter.com/LenovoJP_DO?lang=ja
フェイスブック:https://www.facebook.com/lenovojp?fref=nf


2014年10月10日
プロフェッショナルスタジオモニタークォリティ Mackie CRシリーズ発売開始のご案内

Creative_Reference_logo_01
スタジオモニター並みのクォリティーを
マルチメディアモニタースピーカーで実現
プロフェッショナルサウンドクォリティー
Mackie CRシリーズ
CR3_4Family
パフォーマンス性の高いスピーカーユニット構成と便利なフロントパネルコントロールを採用したMackie Creative Referenceマルチメディアモニタースピーカーは、仕事においても、遊びにおいても真のプロフェッショナル級のサウンドを提供するプレミアムマルチメディアモニタースピーカーです。

※スタジオクォリティーデザイン
50Wパワーアンプ、ポリプロピレンコートウーファー、シルクドームツイーターなど高品位なパーツを採用。自然で豊かな低域の伸びを実現するカスタム設計のリアポートやクリアで明瞭度の高い優れた位相特性を実現するウェーブガイドデザインを搭載した木製キャビネットにより、スタジオモニター並みのデザインと音質をマルチメディアモニタースピーカーで実現。

※時間短縮の便利な機能
音量調整のためにいつも懐中電灯でリアパネルを照らしていませんでしたか?CRシリーズはフロントパネルに搭載されたノブで電源のON/OFFやボリューム調整が可能です。また暗い場所でも操作しやすいようにグリーンに光るクールなLEDが点灯します。

※フレキシブルで便利な特徴
豊富な入力端子をリアパネルに装備(6.3φバランス/RCA)。フロントパネルにはスマートホンやMP3プレーヤーを接続可能なステレオミニAUX入力も装備。さらにヘッドホン端子も装備し、ヘッドホンを接続した瞬間にスピーカーからの音はミュートされヘッドホンから聞こえる音量をフロントボリュームノブで調整することができるようになります。

※小さな足跡
限られた作業スペースにぴったりの超コンパクトデザインを採用。

※豊富なアクセサリーが付属
箱から出して今すぐ使えるように必要なケーブルをすべて同梱(■ステレオミニ⇔RCA*2 ■ステレオミニ⇔ステレオミニ ■L/Rスピーカー接続用スピーカーケーブル)。さらに無駄な低域を排除してくれるプロフェッショナルグレードのアイソレーションパッドを2個同梱。
CR_Accessories
(続きを読む…)


2014年9月26日
1600W木製キャビネット「SRM Series」ラインナップ拡充 18インチデュアルサブウーファー「SRM2850」発売開始

SRM2850_logo
1600Wパワード・サブウーファー
最新デジタルクロスオーバー搭載
ハイパワー・パワード・サブウーファー
デュアルウーファーシリーズ

SRM2850_3qrt_Left
SRM2850」はMackieの”戦車級に頑丈な“設計のもと木製キャビネットを採用し頑丈なボディーと驚異的なローエンドを実現した18インチデュアル・ハイパワー・パワード・サブウーファーです。

フレキシブルに調整可能なデジタルクロスオーバーと1600Wのハイパワー・パワーアンプを搭載し、18mm板厚木製エンクロージャーを採用。15インチデュアルフルレンジモデル「SRM750」と組み合わせることにより驚異的なハイパワープロフェッショナルライブサウンドを皆様にご提供します。

※このクラス最高のパワー
カスタム設計、高出力18インチデュアルスピーカードライバーユニットを搭載し、1600Wもの驚異的な出力を実現。フルバンドライブイベントやロックフェス、大規模CLUBにも対応可能なシステムです。

※Built-Like-A-Tank
内部を支柱で補強し、“戦車級に頑丈な”18mm板厚木製エンクロージャーを採用。フロントグリルは強靭なブラックスティールを採用し頑固なまでにタフな設計は無駄な箱鳴りを防止するだけでなく、移動の多い過酷なPA/SR現場でも安心してお使いいただけます。さらにフロントポートダクトデザインは豊かな低域再生とスピード感のあるサウンドを実現。
SRM2850_Back_Panel
※可変デジタルクロスオーバー
SRM650/SRM750用のプリセットクロスオーバーを装備。Mackoidなら誰でも簡単にシステムアップが可能です。さらに60Hz~120Hzまで可変可能なデジタルクロスオーバーも搭載。オレンジノースリッジブランドやブルーコスタメサブランド、音叉マークのMade in Japanブランドなど、どんなブランドのフルレンジモデルがきても対応可能。

※多彩なアウトプット
ステレオフルレンジ出力は追加の補正スピーカーやサブウーファーを拡張することが可能。ステレオハイパス出力端子とデジタルクロスオーバーを組み合わせて使用することによりフルレンジスピーカーのミッドレンジパフォーマンスを劇的に向上させられます。

※システム保護回路搭載
限界まで音量を上げても大丈夫。Mackie Smart Protect™DSPが突発的な過大入力からスピーカーを保護してくれます。 (続きを読む…)


1600W木製キャビネット「SRM Series」ラインナップ拡充 15インチデュアルウーファー「SRM750」発売開始

SRM750_logo
1600W高解像度パワード・ラウドスピーカー
最新DSP搭載
高解像度パワード・ラウドスピーカー
デュアルウーファーシリーズ

SRM750_3qtr
高解像度パワード・ラウドスピーカー「SRM750」はMackieの”戦車級に頑丈な“設計のもとパワードスピーカーに求められるシンプルな操作性とプロフェッショナルな現場に求められる機能性を向上させました。

1600Wのハイパワー・パワーアンプを搭載し、さらにデュアルウーファーを採用した「SRM750」はライブサウンドレベルに充分な音量を実現。18インチデュアルサブウーファー「SRM2850」2本と組み合わせることにより驚異的なハイパワープロフェッショナルライブサウンドを皆様にご提供します。

※このクラス最高のパワー
最高のサウンドをかもし出す15インチデュアルウーファーを採用した2Wayフルレンジモデル「SRM750」はカスタム設計、高出力スピーカードライバーユニットを搭載し、1600Wもの驚異的な出力を実現。フルバンドライブイベントやロックフェス、大規模CLUBにも対応可能なシステムです。

※Built-Like-A-Tank
内部を支柱で補強し、“戦車級に頑丈な”15mm板厚木製エンクロージャーを採用。フロントグリルは強靭なブラックスティールを採用。頑固なまでにタフな設計は無駄な箱鳴りを防止するだけでなく、移動の多い過酷なPA/SR現場でも安心してお使いいただけます。

※スタジオモニター並みの高解像度サウンドを実現
上位機種のHDシリーズや兄弟ブランドのEAWで採用されているDSPを搭載。HFホーンの鳴りやLFドライバーの無駄な音をアコースティック補正アルゴリズムで最適化することにより自然で奥行きのあるスタジオモニタースピーカー並みの高解像度サウンドを実現
SRM750_rear_panel
※独立した2chのミキサー搭載
独立したレベル調整可能なワイドレンジのMackie Wide-Z™入力端子を2ch分装備しマイクやラインレベルはもちろんのことギターなどのハイインピーダンス入力にも対応。さらにステレオRCA端子も装備しさまざまな音源に対応が可能。

※ワンタッチで切り替え可能なスピーカーモード
4種類のスピーカーモードをワンタッチで切替可
1:PA Mode
2:DJ Mode
3:FILL Mode
4:SPEECH Mode

※Feedback Destroyer
4ポイント、1/16オクターブフィルターで急激なハウリングを回避

※様々なニーズに対応
メインスピーカーとしてデュアルサブウーファー「SRM2850」の上にスタック、スタンドアローンやサイドフィルモニター用として三脚設置、常設用としてM10リギングポイントを10箇所装備。パワードスピーカーに求められるさまざまなニーズに対応。 (続きを読む…)


2014年9月17日
MACKIE 1000Wハイパワー パワードスピーカー「SRM v3シリーズ」製品レビュー記事掲載

サウンド&レコーディングマガジン2014年10月号にMackie 1000Wハイパワー パワードラウドスピーカー「SRM v3シリーズ」製品レビュー記事が掲載さてれおります。(P121)
SR201410
本誌では12インチ2Wayモデルの「SRM450 v3」を第一線の現場で活躍中のPAエンジニアの方にさまざまなソースを使い、製品レビューして頂きました。

実機を梱包箱から取り出す際に、思いのほか重量が軽く(16.8kg)、また天面、両サイドと3箇所にハンドルがあり、人での少ない現場でも運搬や設置において、楽に作業ができると好印象を持っていただきました。もちろんこの可搬性のよさは初代SRM450から引き継がれており、15年前のエンクロージャーの設計とは思えないほど、すばらしいと好評価をいただきました。

今回バージョンアップした機能も事細かにレポートいただいております。内蔵DSPで4種類(PA/DJ/MON/SOLO)の周波数特性をワンタッチで切り替え可能なSRMv3シリーズは時間の無い現場でスピーカーチューニングが不要。PAモードではフラットで癖のないサウンド、DJモードではキックやベースが前に出るにもかかわらずボーカルの帯域が埋もれずに再生、SOLOモードではボーカルの帯域の明瞭度がアップ、モニターモードではレベルをあげてもハウリングを回避してくれるといずれも高い評価をいただきました。 (続きを読む…)


2014年9月12日
伝説のライブサウンドスピーカー『SRM Series』がversion3にヴァージョンアップし発売開始

SRM series_logo最新DSP搭載
1000W高解像度パワード・ラウドスピーカー
新たなる伝説SRM V3シリーズ
SRM450_350
コンパクトパワード・ラウドスピーカーの代名詞として全世界でベストセラーのSRMシリーズがV3になって進化を遂げました。外観、寸法サイズはそのままで、1000Wハイパワーアンプを搭載。さらに使用状況に応じてワンタッチで切替可能な4種類のスピーカーモード、急激なハウリングを瞬時に回避可能な4ポイントのフィードバックデストロイヤーも搭載。また、独立したレベル調整可能なワイドレンジのMackie Wide-Z™入力端子を2ch装備し、マイクやラインレベルはもちろんのことギターなどのハイインピーダンス入力にも対応。さらにステレオRCA端子も装備し様々な音源にも対応が可能です。コンパクトパワードスピーカーSRM v3シリーズは卓越した機能を豊富に搭載し、さらなる飛躍を続けていくことでしょう。
SRM_REAPANEL

※1000W D級パワーアンプ搭載
2Wayフルレンジモデル「SRM450v3」「SRM350v3」をご用意。この2つのモデルはカスタム設計、高出力スピーカードライバーユニットを搭載し、1000Wもの驚異的な出力を実現。ポータブルスピーカーマーケットに求められる最高のサウンドを実現。

※ハイパワーサウンドだけではなく・・・。
使用用途に応じてワンタッチで切替可能な4種類のスピーカーモード。急激なハウリングを回避してくれるフィードバックデストロイヤー。人手の足りない現場やチューニングの時間が少ない現場でもSRM v3シリーズが皆様をお手伝いいたします。

※スタジオモニター並みの高解像度サウンドを実現
上位機種のHDシリーズや兄弟ブランドのEAWで採用されているDSPを搭載。HFホーンの鳴りやLFドライバーの無駄な音をアコースティック補正アルゴリズムで最適化することにより自然で奥行きのあるスタジオモニタースピーカー並みの高解像度サウンドを実現。

※独立した2chのミキサー搭載
独立したレベル調整可能なワイドレンジのMackie Wide-Z™入力端子を2ch分装備しマイクやラインレベルはもちろんのことギターなどのハイインピーダンス入力にも対応。さらにステレオRCA端子も装備しさまざまな音源に対応が可能。

※15年以上守り続けているもの
15年前に発売開始されたSRMシリーズは今日に至るまで“戦車級に強靭な”キャビネットデザインや「スタジオモニター並みのサウンドをPAシステムで再現したい」という基本設計理念はそのまま変わることなくSRM v3に受け継がれました。 (続きを読む…)


2014年6月17日
1000Wハイパワー『New THUMPシリーズ』発売開始のご案内

Thump Series_logos
ベストセラーTHUMPシリーズ
1000Wパワーアンプ搭載しリニューアル

エントリークラス最高の1000Wパワーアンプを搭載しTHUMPシリーズがリニューアル。カスタム設計の高出力スピーカードライバーユニットを搭載し驚異的な出力と低域の伸びを実現しました。エントリーモデルの定義を覆すパワードラウドスピーカー。それがNew THUMPシリーズです。
Thump 2014_Family_3qtr_Left_Photo (続きを読む…)


2014年6月4日
ダイニングバーでも大活躍 Mackie オールインワンPAシステム DL/DLM System

chuck
ファッション情報発信地、お洒落な大人の街、青山。青山通りを一歩入った路地裏にたたずむ木のぬくもりの店内で、素敵なひと時が過ごせるオールドアメリカンスタイルのダイニングバー「Chuck Wagon(チャック・ワゴン)」  開放感あふれるテラス席もあり、気取ることなくテキサス・メキシコ料理を楽しめるダイニングバー、チャック・ワゴンにて2014年5月10日、Mackie DL/DLM Systemを使用したライブイベントが開催されました。 (続きを読む…)


2014年5月2日
1600W高解像度パワードラウドスピーカー「New SRM Series」用カバー発売開始

大切な機材を守りましょう。 
New SRMシリーズ『SRM550』『SRM650』『SRM1850』用スピーカーカバー発売開始
移動時の衝撃や保管中のホコリからあなたの大切な機材を保護します。
Cover for NewSRM (続きを読む…)


2014年4月15日
Mackie DL/DLM System使用イベント:「YOKOHAMA JUG BAND FESTIVAL VOL13」

YJBF今年で13回目を迎え、横浜に春を告げる音楽イベント「YOKOHAMA JUG BAND FESTIVAL」が2014年4月12日(土)横浜駅西口相鉄ムービル内のライブ&バーTHUMBS UP相鉄本多劇場を中心に計6箇所の会場で大々的に開催されました。

JUG BANDとは、ジャグ (ウィスキーの瓶)、ウォッシュボード (洗濯板)、カズー(ストーブの煙突、櫛など)、ウォッシュタブ・ベース (洗濯桶とモップから作ったベース)など、身の回りにあるものから作られた手製の楽器などを多く使用し、これらにギターやバンジョー、アコーディオンなどの楽器が加わりジャズやブルース、カントリーなどを演奏するバンドです。そんなJUG BANDが日本全国のみならず、本場アメリカからも集結する日本最大級JUG BANDの祭典「YOKOHAMA JUG BAND FESTIVAL」をMackie DL/DLM Systemがサポートいたしました。
(続きを読む…)