Mixers Loudspeakers Studio Monitors Digital Recording Amplifiers & Processors Software Accessories
2014年5月2日
1600W高解像度パワードラウドスピーカー「New SRM Series」用カバー発売開始

大切な機材を守りましょう。 
New SRMシリーズ『SRM550』『SRM650』『SRM1850』用スピーカーカバー発売開始
移動時の衝撃や保管中のホコリからあなたの大切な機材を保護します。
Cover for NewSRM (続きを読む…)


2014年4月22日
スピーカーはどこに??ミキサーはどこ??:Mackie DL/DLM System使用イベント

インカ文明の跡がいまだに残る南米ペルーの古都クスコ出身のフローレス兄弟デュオのコンサートが大分県大分市、大分駅南地区にある「ホルトホール大分」大ホール(観客席1201名)にて今春開催されました。フローレスデュオはペルーの伝統的な音楽「フォルクローレ」から乗りのいいラテン音楽、さらに中南米の多様なリズムを使って、自ら作詞作曲をしたオリジナル曲まで幅広く聴かせてくれます。当日のバンド構成は3名。使用楽器はケーナ、サンポーニャ、ギター、チャランゴ、カホーン、アルバなどの民族楽器のアコースティックライブ形式にて演奏。もちろん1201名収容可能なホールなので、PA機材を使用したのですが・・・・。あれ?スピーカーはどこに???
fd1 (続きを読む…)


2014年4月15日
Mackie DL/DLM System使用イベント:「YOKOHAMA JUG BAND FESTIVAL VOL13」

YJBF今年で13回目を迎え、横浜に春を告げる音楽イベント「YOKOHAMA JUG BAND FESTIVAL」が2014年4月12日(土)横浜駅西口相鉄ムービル内のライブ&バーTHUMBS UP相鉄本多劇場を中心に計6箇所の会場で大々的に開催されました。

JUG BANDとは、ジャグ (ウィスキーの瓶)、ウォッシュボード (洗濯板)、カズー(ストーブの煙突、櫛など)、ウォッシュタブ・ベース (洗濯桶とモップから作ったベース)など、身の回りにあるものから作られた手製の楽器などを多く使用し、これらにギターやバンジョー、アコーディオンなどの楽器が加わりジャズやブルース、カントリーなどを演奏するバンドです。そんなJUG BANDが日本全国のみならず、本場アメリカからも集結する日本最大級JUG BANDの祭典「YOKOHAMA JUG BAND FESTIVAL」をMackie DL/DLM Systemがサポートいたしました。
(続きを読む…)


2014年4月9日
Mackie DL/DLM System「YOKOHAMA JUG BAND FESTIVAL VOL13」をサポート


Mackie DL/DLM Systemが2014年4月12日(土)に横浜駅周辺6会場にて開催される「YOKOHAMA JUG BAND FESTIVAL vol13」をサポートします。

YOKOHAMA JUG BAND FESTIVALは今年で13回目を迎える日本におけるジャグバンドの老舗イベントです。

ジャグバンドとは、ジャグ (瓶)、ウォッシュボード (洗濯板)、ミュージカルソー (ノコギリ)、カズー(ストーブの煙突、櫛、ティッシュペーパーを使ったもの)、ウォッシュタブ・ベース (洗濯桶とモップから作ったベース)、スプーンなど、身の回りにあるものから作られた手製の楽器などを多く使用し、これらの楽器にギターやバンジョー、ハーモニカ、アコーディオンなどの楽器が加わりジャズやブルース、カントリーなどを演奏するバンド。

そんなジャグバンドが日本各地からいっせいに集まって横浜駅周辺を盛り上げるイベント、それが「YOKOHAMA JUG BAND FESTIVAL vol13」です。

(続きを読む…)


2014年4月1日
DL Series Mixer iPadバンドル品仕様変更のご案内

DLSeriesMixer_バンドル品仕様変更_01

2014年3月19日に米国アップルより発表されました第4世代iPad Retinaディスプレイモデル販売再開に伴い、iOSデバイスと共に使用可能なデジタルミキサー「DLシリーズミキサー」のiPadバンドル品の仕様、型番、およびバンドル品のiPadを変更いたします。また、本日米国アップル発表されましたiPad新価格に伴い、バンドル品の市場予測価格も変更いたします。

変更内容は以下の通りです。 (続きを読む…)


2014年3月31日
消費増税に伴う税込価格表記更新のご案内

MACKIE 2013 CATALOG消費増税に伴い、税込価格表を更新いたしました。最新標準価格表は「Mackie PriceList 2014」をご参照ください。(PDFファイル5ページ)なお、今回の価格表更新は消費税分のみの更新です。

レコーディングからPA/SRまで、エンジニア/ミュージシャンを強力にサポートする、MACKIEの現行製品をすべて網羅したMACKIE 2014年版カタログのお求めは日本全国の、楽器店舗、MACKIE製品取扱代理店、音響機器専門商社までお問い合わせください。

またお近くにMACKIE取扱店舗がない場合は、郵便番号、ご住所、お名前(フルネーム)を明記の上、こちらまでメールをお送りください。別途郵送にてお送りいたします。

その他カタログ掲載製品に関するご質問がございましたら、お気軽に音響特機(株)MACKIEブランド・グループまでお問い合わせください。


2014年3月12日
prolight+sound 2014 News 伝説のライブサウンドスピーカー『SRM Series』 version3

NEW_SRM
最新DSP搭載
1000W高解像度パワード・ラウドスピーカー
新たなる伝説SRM V3シリーズ

SRM450_350PHOTO

コンパクトパワード・ラウドスピーカーの代名詞として全世界でベストセラーのSRMシリーズがV3になって進化を遂げました。外観、寸法サイズはそのままで、1000Wハイパワーアンプを搭載。さらに使用状況に応じてワンタッチで切替可能な4種類のスピーカーモード、急激なハウリングを瞬時に回避可能な4ポイントのフィードバックデストロイヤーも搭載。また、独立したレベル調整可能なワイドレンジのMackie Wide-Z™入力端子を2ch装備し、マイクやラインレベルはもちろんのことギターなどのハイインピーダンス入力にも対応。さらにステレオRCA端子も装備し様々な音源にも対応が可能です。
コンパクトパワードスピーカーSRM v3シリーズは卓越した機能を豊富に搭載し、さらなる飛躍を続けていくことでしょう。
(続きを読む…)


2014年3月11日
スタジオモニタースピーカーMackie「MR8mk3」導入レポート

DAIMONION RECORDINGS様にMackieパワードスタジオモニタースピーカー「MR8mk3」を導入いただきました。採用いただきましたDAIMONION RECORDINGSの村田様はSONY MUSIC STUDIOS TOKYOにてキャリアをスタート。世界有数の大規模スタジオの設営に参加、膨大な数のハードウェア・ソフトウェアによるスタジオシステム構築を体験し、それらを扱う為のノウハウ、技術を習得。同時に数々の有名アーティストとのセッションをこなし着実に経験を積んだレコーディングエンジニアです。時代のニーズに合わせたスタジオ設営を全面的にバックアップ。クラブ・ミュージック、ダンスミュージック全般を得意とし、「RHYMESTER」「童子-T」「Hilcrhyme」「C&K」など、数多くのアーティストの作品に関わり、現在もプロの現場の第一線でご活躍中です。
daimonion_recordings1

そんなDAIMONION RECORDINGSの村田 智宏様にMackie「MR8mk3」を導入に至るまでのお話をお伺いいたしました。
(続きを読む…)


2014年3月7日
Mackie Presents 【Fixtervention】

)
品質の悪いミキサーに頭を悩ませていませんか?あなたのバンドサウンドに行き詰った時。またはどん底に陥ったとき。このビデオのバンドのようになってしまった場合。Mackie VLZ4シリーズミキサーを使ってみましょう。劇的にサウンドが良くなるはずです。

Mackie VLZ4シリーズミキサーはどん底のスランプ状態を回復させてくれることでしょう。


2014年2月26日
1600Wパワードラウドスピーカー「New SRMシリーズ」、Onyxプリアンプ搭載コンパクトミキサー「VLZ4シリーズ」導入レポート

著名なアーティストを輩出し続ける神奈川県藤沢市・湘南江ノ島。そんな音楽の街、藤沢市の中心、藤沢駅より徒歩4分の好立地にある音楽スタジオ「太陽ぬ荘(てぃーだぬそう)スタジオ」様にこの度Mackie 1600Wパワードラウドスピーカー「New SRMシリーズ」とコンパクトミキサーの代名詞「VLZ4シリーズ」を導入いただきました。

「太陽ぬ荘スタジオ」様は全9部屋(グランドピアノ常設とダンス用30畳のブース2室含む)という大型スタジオです。広いロビーでは定期的にライブイベントも開催。プロミュージシャンも多数出演されております。lobby

今回の機材更新ではすべてのスタジオに1642VLZ4を導入いただきました。また中規模スペースでバンドのリハに人気の参、四、九スタジオにはフロアモニター用としてSRM550も導入いただきました。さらに音楽の街、藤沢では週末になると各地でライブイベントが開催されるため、「太陽ぬ荘スタジオ」様は機材レンタル、PAオペレートも行っており、イベント用機材としてのSRM550も導入いただきました。もちろん自社の広いロビーでのライブイベントでもSRM550が今後活躍してくれることでしょう。

「太陽ぬ荘スタジオ」様の代表取締役でもあり、自らPAオペレート業務もこなす相澤 誠嘉様に導入に至るまでのお話をお伺いいたしました。
(続きを読む…)