Mixers Loudspeakers Studio Monitors Digital Recording Amplifiers & Processors Software Accessories

1600Wパワードラウドスピーカー「New SRMシリーズ」、Onyxプリアンプ搭載コンパクトミキサー「VLZ4シリーズ」導入レポート

2014年2月26日

著名なアーティストを輩出し続ける神奈川県藤沢市・湘南江ノ島。そんな音楽の街、藤沢市の中心、藤沢駅より徒歩4分の好立地にある音楽スタジオ「太陽ぬ荘(てぃーだぬそう)スタジオ」様にこの度Mackie 1600Wパワードラウドスピーカー「New SRMシリーズ」とコンパクトミキサーの代名詞「VLZ4シリーズ」を導入いただきました。

「太陽ぬ荘スタジオ」様は全9部屋(グランドピアノ常設とダンス用30畳のブース2室含む)という大型スタジオです。広いロビーでは定期的にライブイベントも開催。プロミュージシャンも多数出演されております。lobby

今回の機材更新ではすべてのスタジオに1642VLZ4を導入いただきました。また中規模スペースでバンドのリハに人気の参、四、九スタジオにはフロアモニター用としてSRM550も導入いただきました。さらに音楽の街、藤沢では週末になると各地でライブイベントが開催されるため、「太陽ぬ荘スタジオ」様は機材レンタル、PAオペレートも行っており、イベント用機材としてのSRM550も導入いただきました。もちろん自社の広いロビーでのライブイベントでもSRM550が今後活躍してくれることでしょう。

「太陽ぬ荘スタジオ」様の代表取締役でもあり、自らPAオペレート業務もこなす相澤 誠嘉様に導入に至るまでのお話をお伺いいたしました。

________________________________________________________________________

【数あるミキサーの中で1642VLZ4を導入いただいた理由は?】

太陽ぬ荘1
『まずは音ですね。Onyxプリアンプの余裕のあるサウンドには驚きました。いままでスタジオ常設機材は国産メーカーのミキサーを使っていたのですが、1642VLZ4にマイクを通しただけで、こんなに音に余裕がでるとは思ってもいませんでした。きっちりと低域から高域まで伸びのあるサウンド。私は以前のVLZシリーズもよく使っておりましたが、。Onyxプリアンプを搭載したVLZ4シリーズはその国産メーカーはもちろん、以前のVLZシリーズより断然余裕があるサウンドだと感じました。さすがMackie。ヘッドアンプの設計にこだわり続けているメーカーだと改めて実感しました。』
________________________________________________________________________

【ありがとうございます。そのほかに1642VLZ4で気に入った点はございますか?】

『8ch分のダイレクトアウトがあることですね。。Onyxプリアンプの高品位なサウンドをマルチトラックレコーダーに録音できるんですよ。この機能を生かさなければと今、レンタル用で8chオーディオインターフェースを導入検討中です。USBやFWアウトを備えたアナログミキサーが増えてきましたが、2chアウトしか取れないのが大半です。リハーサルスタジオでもマルチトラックレコーディングをという要望が増えてきているんですよね。1642VLZ4であれば高品位なマルチトラックレコーディングができます。』
________________________________________________________________________

【それではSRM550を導入いただいた理由は?】

太陽ぬ荘4
『こちらも音です。PAスピーカーなのにクリアでハイファイなサウンドが印象的でした。あとでわかったことなのですが、内部DSPで音の本質にかかわらないスピーカー独特の無駄な鳴りを抑えているからなんですね。高価なEAW社の技術が採用されてると聞き、さらに驚きました。この価格でこのサウンド。すばらしいと思います。』

『そうそう。ハイパワーなのもすばらしい。1600Wですよ。このサイズで。しかも木製エンクロージャーを採用しているにもかかわらず、軽い!一人で持てる重量です。スタジオ外に持ち出すにも楽で便利です。これから春から夏にかけてのイベントでも大活躍してくれそうなスピーカーです。』
________________________________________________________________________

【ありがとうございます。Mackieは誰が触ってもいい音が出るように設計しているんですよ。】

『そうですね。クイックスピーカーモードがいいですね。チューニングの手間が省けます。素直なPAモード、どんしゃりなDJモード、ローカットされたフロアモニターモード、スピーチ用のソロイストモード。現場にあわせて使い分けができるのがありがたい。フィードバックデストロイヤーも気に入ってます。リハーサルスタジオという性質上、ハウリング防止機能が付いていることにより、お客様にスピーカーを飛ばされにくくなるでしょうね。多機能、ハイパワー、クリアなサウンド。すべてにおいて申し分ないPAスピーカーです。』
________________________________________________________________________
1604VLZ4_SRM550

すばらしいご感想ありがとうございます。

沖縄では、太陽のことを「てぃーだ」といいます。湘南藤沢には太陽がよく似合う。いつも心に太陽を。という意味をこめて「太陽ぬ荘(てぃーだぬそう)スタジオ」と名づけられたそうです。ちなみに「ぬ」は「の」という意味だそうです。音楽の街、藤沢。音楽の中心「太陽ぬ荘スタジオ」にてMackieサウンドをこれからも奏で続けて、さらに藤沢の街をもりあげていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>