Mixers Loudspeakers Studio Monitors Digital Recording Amplifiers & Processors Software Accessories
2010年9月2日
MACKIEイベントレポート:茅ヶ崎 Endless Summer 2010

es2010_top.jpgとても暑かった今年の夏は楽しみましたか?Mackie製品も数え切れないほどのステージ上でこの夏のフェスティバルを陰で支えてきました。

es_srm450.jpg

8月21日と22日、茅ヶ崎サザンビーチで開催されたEndless Summer 2010では、主にMackieのSRスピーカーで、この無料ライブイベントをサポートしました。このEndless Summer 2010は、「イベントを通じて海岸侵食・ゴミ問題など、海浜保全の意識を持ってほしい。」というコンセプトのもと、Dachambo, copa salvo, COOL WISE MAN を始め、大規模フェスのステージの経験も豊富なアーティスト達が無料でライブを繰り広げる、非営利のイベントです。茅ヶ崎サザンビーチのまさに波打ち際という絶好のロケーションに仮設のステージが設置され、のべ1万2千人の音楽ファンがこのイベントを楽しみました。

今回のメインスピーカーとして選択されたのが、クラス最大1800Wのパワーと、大音量再生時にも原音に対する高い忠実度を実現するためのオーディオ・プロセシングDSPを内蔵した、Mackieの高解像度パワードラウドスピーカーHD1531です。

es_mainsys.jpg

幅約14メートルのステージ両端に計4本のHD1531を設置し、サブウーファーには、HDシリーズ・スピーカーの設計にも携わったEAW社のSB1002を2台使用、省電力、省スペース、超高効率が話題のDIGAMのK6 1台で2台のSB2001サブウーファーをドライブしました。ミキサーからのメイン出力信号は、EAW UX8800によるクロスオーバー設定を介して、すべてのスピーカーとアンプに信号が分配されています。またステージ上では、日本でもポータブルで実用的なパワード・スピーカーとして数多く使われている4本のSRM450(v2)パワード・スピーカーがパフォーマー用のモニターとして使われました。

もしかしたらプロフェッショナルの皆さんは、「これだけのシステムではこの規模の会場にはシンプル過ぎる。」と思われたかもしれません。ところが、実際Mackie HD1531はそのコンパクトさ、そのプライスから想像する以上の性能をいかんなく発揮しました。2日間とも、この夏らしく気温は35度以上、直射日光にさらされ続ける環境ではありましたが、HD1531には効率の良いClass Dのアンプが採用され、空冷ファンを内蔵していることもあり、炎天下でもクールに、合計7200Wのパワーで熱いサウンドを、最大700人は超えていたと思われるオーディエンスに十分な音量で提供し続けました。サブウーファーをドライブしていたDIGAM K6の温度表示モニターが常に一定を示していたことも、このアンプの優秀さを証明しています。

なによりも、来場されたオーディエンスの表情が、そのサウンドを物語っていたのかもしれません。

es_audience.jpg

今後もMackie HDシリーズ・パワードラウドスピーカーは、今後も幅広い用途に対応するべく、ラインナップを拡充していく予定です。HDシリーズ高解像度パワード・スピーカーについては、こちらのページをご覧ください。


2010年8月11日
MACKIE 湘南茅ヶ崎ビーチパーティー「エンドレスサマー」をサポート

chigasaki2010.jpgMACKIEのSRシステムが、2010年8月21日(土)-22(日)の2日間、茅ヶ崎市サザンビーチにて行われる湘南茅ヶ崎ビーチパーティー Endless Summer 2010 をサポートします。

昨年も開催されたこのイベントは、数ある夏のイベントの中でも、ロケーションは最高の部類に入ります。この2日間のイベント期間中は、普段は海水浴場のビーチにステージが設置され、様々なアーティストが登場します。

Endless Summer 2010 は、裸足になって踊る開放感・楽しさを通じて「海を美しく保つ事、守る事を広く伝える」をテーマに、多くの有志達、自治体、様々な組合によって2009年よりスタートした音楽イベントです。

MACKIEは、高解像度パワードスピーカー HD1531 を中心としたSRシステムにより、このイベントのサウンド面を全面的にバックアップします。

イベントの詳細は、こちらのホームページをご覧下さい。
http://www.endlesssummer.jp/


2010年3月24日
COHEED AND CAMBRIA ツアーのリハーサルで MACKIE HD1521 を使用

CC-MackiePromo-(2)_dd39331f-571e-4884-8d58-88f0b0b38982.jpg

Coheed and Cambriaは今、2010年4月13日に発売されるニューアルバム“Year of the Black Rainbow”の発売ツアーの真っ最中です。お世辞抜きにプログレッシブなCoheed and Cambriaは、すべてが壮大なストーリー展開に結びつく、数枚の非常に素晴らしいコンセプトアルバムを制作してきました。これにより、音楽好きの人たちだけでなく、物語の今後の展開を楽しみにしている人たちもふくめ、夥しい数のファンを獲得してきました。
そんな彼らから、Mackie HD1521 高解像度パワード・ラウドスピーカーを、ニューヨーク州北部にある彼らのリハーサル用のスペースで使いたいという依頼を受けた私たちは、とてもワクワクしました。
リードシンガーのClaudio Sanchezは、次のようにコメントしています:
「明瞭でパワーのあるこのコンパクトなサイズのスピーカーは、リハーサル用のスペースで求められるものを十分に提供してくれるよ。タイトなローエンドととても明瞭でクリアな高域を部屋全体で感じることができるんだ。」
Coheed and Cambriaのツアー日程をチェックする、リリース前のアルバムを予約する。もし彼らのことを知っているなら、もうチェックしているかもしれません。まだ聞いたことがない人は、彼らと繋がるための、下記のリンクのツールを活用してみませんか?