Mixers Loudspeakers Studio Monitors Digital Recording Amplifiers & Processors Software Accessories
2015年1月22日
NAMM Show 2015 Mackie新製品速報その2

namm-2015-BANNER1
アメリカ合衆国カリフォルニア州アナハイムにて現地時間2015年1月22日より開催される世界最大楽器展示会『NAMM show2015』にて LOUD Technologies Inc(本社:アメリカ合衆国ワシントン州)はBluetooth対応パーソナルパワードPAスピーカーMackie新製品 「FreePlay™」を発表しました。

FreePlay-logo_colorFREEPLAY_PHOTO
FreePlay™はバッテリー駆動ができどこでも素晴らしいサウンドを再生してくれる究極のステレオポータブルPAスピーカーです。Bluetoothを搭載しさまざまなアプリケーションから音楽再生を楽しめ、本体にはマイクやギターなどの楽器が接続可能です。さらに本体に接続したマイクや楽器はiOSデバイス用アプリ「FreePlay Connect™」により、どこにいてもミキシングが可能です。FreePlayはいつでもどこでも誰とでも、音楽を楽しむことのできる次世代パーソナルステレオモニタースピーカーです。

※オールインワンパーソナルPAスピーカー
FreePlayはさまざまな現場で対応可能なオールインワンモバイルPAシステムです。軽量、コンパクトなサイズながら低域には8インチウーファー×1、高域には1インチドライバーユニット×2を装備し、300Wステレオフルレンジサウンドを再生します。さらに充電式バッテリーによる約10時間の駆動が可能。FreePlayはどこでも使用可能なパーソナルPAスピーカーです。

※さまざまなパフォーマーたちに使っていただけるスピーカー
FreePlayはバッテリー駆動が可能で電源ケーブルが不要です。ストリートダンスパフォーマーやカフェライブで全国を飛び回っているシンガーソングライター、企業イベントやワークショップ、音楽やスピーチ再生が常に必要とされている教育現場、結婚式の2次会でのバンド演奏など、さまざまな現場でさまざまなパフォーマーたちに使っていただけるPAシステムです。

Freeplay_RearPanel※もちろんプロミュージシャンも
FreePlayはプロフェッショナルな機能を装備。各チャンネルで個別に操作可能なレベル、EQ、デジタルエフェクター(リバーブ、ディレイ)を装備した4chデジタルミキサーを内蔵。さらに用途に合わせたスピーカーモードや急激なハウリングを回避してくれるフィードバックデストロイヤーなどを装備し、ボタンひとつで簡単に操作が設定が可能です。

※部屋中どこでもコントロール
Bluetoothでどこでも音楽再生が可能。もちろんFreePlayはiPhone®やiPod touch®用アプリ「FreePlay Connect™」によりどこにいても入力レベル、EQ、エフェクター、フィードバックデストロイヤー、スピーカーモードとすべてのコントロールが可能です。

※完璧なモバイルPAとして忘れてはならないもの
マイクやマイクケーブルも収納可能な専用キャリングバッグ、フロアモニターとして、またポールマウントとして使うためのキックスタンド/ポールマウントアクセサリーやリチウムイオン充電池など豊富なアクセサリーでモバイルPAシステムをMackieはサポートします。
(続きを読む…)


NAMM Show 2015 Mackie新製品速報その1

namm-2015-BANNER1
アメリカ合衆国カリフォルニア州アナハイムにて現地時間2015年1月22日より開催される世界最大楽器展示会『NAMM show2015』にて LOUD Technologies Inc(本社:アメリカ合衆国ワシントン州)は壁面取付、天井吊下対応可能固定設備用パッシブスピーカー「iP SERIES」を発表しました。
iP Series Product logos_color_seriesIP_PHOTO
Mackie iPシリーズ インストールパフォーマンスラウドスピーカーはさまざまな用途に対応可能な固定設備用スピーカーです。縦吊、横吊、天井吊下、壁面取付にも対応したリギングポイントを装備しておりさまざまな設置方法が可能です。さらにカスタム設計のスピーカーユニットを採用することによりiPシリーズはコンパクトなサイズにもかかわらず全帯域を余すことなく再生し、さまざまな用途で使用可能な固定設備用パッシブラウドスピーカーなのです。

※豊富なラインナップ
高出力ワイドレンジで低域の異なる(10インチ、12インチ、15インチ)2wayフルレンジモデルを3モデルご用意。さらにライブハウスやバンド演奏などでより低域が必要な現場に便利な18インチシングルのサブウーファーもご用意しました。

※プロフェッショナルパフォーマンス
明瞭度の高いサウンドを再生させる1/4インチチタニウム高域ドライバーユニット、どんな音源が入ってきても歪のない高出力に対応可能なラージボイスコイルを採用したカスタム設計のセラミックウーファーを採用。さらに過大入力時のシステム保護回路も装備。

※強靭なデザイン
タフで強靭な木製エンクロージャーを採用することにより、クリアでナチュラルなサウンドを実現しました。さらに強靭なスチール製フロントグリルと擦り傷防止のブラックフィニッシュを採用することにより、 “戦車級に丈夫な”スピーカーに仕上がりました。

※さまざまな用途に対応
バーやライブハウス、レストランに映画館、教会や博物館、会議室やコンベンションセンター、遊戯施設やテーマパーク。スポーツアリナなどさまざまな用途で使用可能な固定設備用スピーカーです。

※設置方法・オプション金具
すべてのモデルにM10のリギングポイントを装備。また縦、横設置両方に対応可能なように高域ホーンは90°回転が可能です。さらに天吊用金具として「iP-CM100」、壁面取付用金具として「iP-WM100」をご用意。意匠を損なわず設置が可能です。さらにすべてのモデルの入力コネクターにはスピコンと先バラ入力端子を装備。用途によって使い分けることが可能です。
(続きを読む…)


2015年1月15日
iPadと共にすべての機能をワイヤレス操作可能な32chデジタルミキサー&マルチトラックレコーダー「DL32R」製品レビュー記事掲載

Sound&Recording Magazine 2015年2月号にてiPadと共にすべての機能をワイヤレス操作可能な32chデジタルミキサー「DL32R」の製品レビュー記事が掲載されております。(P117)
SR201502
本誌では以前、同誌にて兄弟機種である16chヴァージョンの「DL1608」、8chヴァージョンの「DL806」の製品レビューを書いて頂いたプロの第一線の現場で活躍中のPAエンジニアの方に実機をお試しいただき、音質、操作性を評価いただきました。3Uサイズ、重量は8.2kg。本当に32chデジタルミキサーなのか?と疑ってしまうほど非常にコンパクトなサイズながらも32ch入力、14系統のAUX、6系統のマトリックス、6系統のサブグループと豊富な入出力を装備し、DSPでは6VCA/6ミュートグループやビューグループをコントロールでき、2系統のステレオリバーブ、1系統のステレオディレイを装備。かつ32×32のオーディオインターフェースとしても使用でき、コンパクト、多機能であることを評価いただきました。また、USBハードディスクを本機と接続するだけでダイレクトに24トラックマルチレコーディングが可能で、さらに瞬時に24トラックのマルチトラックプレイバックが可能である機能も高い評価をいただきました。(近日中に32トラック対応予定) 他社の同じようなデジタルミキサーではダイレクトレコーディングはできず、Mackieの優位性を高く評価いただいております。もちろん、簡単なセットアップ、視認性にすぐれ、使いたい機能がどこにあるかわからない!といったデジタルミキサーにありがちな状態に陥ることが無く、直感的に操作が可能なアプリも高い評価をいただいております。

Mackie DL32Rは非常にコンパクトなサイズ、操作性、視認性のよさ、ライブやレコーディングなどさまざまな現場で対応可能な豊富な機能を装備し、次世代のための、非常に可能性のあるデジタルミキサーであると、レポートいただいております。是非、本誌をご一読いただき「DL32R」の実力をご確認いただければ幸いです。

DL32R」:32chデジタルミキシングコンソール with iPad
税別標準価格オープンプライス
税別市場予測価格¥269.000-
UPCコード:06 63961 04460 7 (続きを読む…)


2014年12月16日
DLシリーズミキサー用アプリ、Master Fader v3.0.1へアップデート

MF301_update_Header_600x300
iPadと共に使用可能なデジタルミキサー「DL32R」「DL1608」「DL806」用アプリ、Mackie Master Faderアプリがv3.0.1へアップデートしました。今回のアップデートは不具合修正およびMaster Fader v3のプラットフォームの強化です。

※注意
「Master Fader v3.0」はiPhone、iPod Touch用アプリ「My Fader v2.0」と一緒には使用できません。「My Fader v2.0」と一緒に使用されたい方は、現時点では「Master Fader v3.0」へのアップデートを行わないでください。「My Fader v3.0」は近日中に公開予定です。

アップデート内容は以下の通りです。 (続きを読む…)


2014年11月25日
DL Seriesミキサー用iPadアプリ「Master Fader v3.0」アップデートのご案内

MF3_Header_800x400_v1
iPadと共に使用可能なデジタルミキサー「DL Seriesミキサー」用iPadアプリ、「Master Fader」アプリがv3.0にアップデートしました。「Master Fader v3.0」は2014年12月末~2015年1月に発売開始を予定している「DL32R」のためだけに開発されたのではなく、16chヴァージョンの「DL1608」、8chヴァージョンの「DL806」にも対応しております。

※注意
「Master Fader v3.0」はiPhone、iPod Touch用アプリ「My Fader v2.0」と一緒には使用できません。「My Fader v2.0」と一緒に使用されたい方は、現時点では「Master Fader v3.0」へのアップデートを行わないでください。「My Fader v3.0」は近日中に公開予定です。また、「Master Fader v3.0」はiOS7.1以降に対応しております。初代iPadはiOS7.1非対応のため、「Master Fader v3.0」へのアップデートはできません。あらかじめご了承ください。またiPad第2、第3、第4世代などで、複数アプリをインストールされている場合はiOS8以前のヴァージョン(iOS7.1)での使用をお勧めいたします。

Mackie製品開発責任者のBen Olswangは”Master Faderはすべての操作をワイヤレスでミキシング可能にしました。数多くあるデジタルミキサーの中で、Mackie Master Faderアプリは直感的に操作が可能で、もっとも使いやすいアプリです。”とコメントしています。”新しいMaster Faderアプリは、各操作部により早くアサインが可能になりました。プロフェッショナルライブサウンドでの現場での操作性の向上を図るべく、さまざまな機能を追加しております。格段と操作性が向上したMaster Fader v3.0をぜひお使いください”

Master Fader v3.0はApp Storeより無料ダウンロードが可能です。

Master Fader v3.0はすべてのDL Seriesミキサーで使用可能です。(DL32R,DL1608,DL806)

Master Fader v3.0は近日発売開始予定32chデジタルミキサー「DL32R」用のために開発されただけではなく、DL1608DL806にも使用が可能です。

新たな機能として4つのサブグループと4つのVCAグループを構築できるようになりました。これらの新しいグループオプションはプロフェッショナルの現場で使用されている機能です。サブグループはステレオリンクが可能かつ、4バンドのパラメトリックEQ、31バンドのグラフィックEQ、コンプレッサーが個別に調整可能です。VCAグループはVCAグループを組んだものすべてのレベルを一括で制御することが可能です。例えば複数本のマイクを必要とするドラムや、複数本のギターなどを、1本のフェーダーのみでグループを組んだチャンネルを一括でレベル制御が可能です。
Master-Fader-3-DL1608-VCAs-Subs-300x225
またすべての入力、出力チャンネルを一度に表示が出来るようになり、各チャンネルへのアクセスもより早く、より簡単にできるようになりました。またDL1608/DL806のすべての入力にデジタルトリムを追加。ワイヤレスでインプットゲイン調整も出来るようになりました。
Overview
”デジタルトリムの追加で以前よりさらに会場内どこにいてもワイヤレスで操作が可能になりますよ。いままでのようにヘッドアンプゲインを調整するためにDL Seriesミキサーのところに走って戻らなくてもよくなったのです。これで真の意味でミキシングをどこにいてもワイヤレスで操作可能になったのです。”と Ben Olswangは語ります。
Gain-Trim


2014年10月27日
DL Series Mixer iPadバンドル品仕様変更のご案内

DLSeriesMixer_バンドル品仕様変更_01

2014年10月17日に米国アップルより発表されましたiPad Air2販売開始、およびiPad第4世代モデル販売終了に伴い、iOSデバイスと共に使用可能なデジタルミキサー「DLシリーズミキサー」のiPadバンドル品の仕様、型番、およびバンドル品のiPadを変更いたします。変更内容は以下の通りです。 (続きを読む…)


2014年10月16日
すべてを、どこにいても。いままでにないミキシングを可能にしたデジタルライブサウンドミキサー Mackie DL32R

DL32R_Email_Header_600x300_v3
DL32RはiPadと共にワイヤレスですべてのコントロールを可能にした32チャンネルデジタルミキシングコンソールです。直感的操作を実現するiPadアプリ 「Master Fader™」でミキシングコンソール内部のDSP操作、USBハードドライブへのマルチトラックレコーディング、そしてDL32Rへのマルチトラックプレイバックなどすべての機能をワイヤレスで操作が可能です。いままでにないミキシングを可能にしたデジタルミキシングコンソール、すべてをどこにいても。それがMackie DL32Rです。

フルヴァージョンの製品紹介ビデオはこちら。

「今までのような考えを捨てることにより、ミキサーは新たな次元へと進化し、より操作しやすいものになると確信してました。」とMackieプロダクトマネージャーのBen Olswangはコメントしました。「妥協なくすべての機能をワイヤレスでコントロールを可能にすることにより、いままでになかったミキシングを可能にしました。」
DL32R_front

Mackie DL32Rは3Uラックマウントの超コンパクトサイズにもかかわらず、フレキシブルでプロフェッショナルな入出力を装備しています。すべての32ch入力(XLR*24個、XLR/TRSコンボ*8個)にはプリアンプゲインやファンタム電源ON/OFFをワイヤレスでコントロールでき、リコール可能な新しいMackie Onyx+™マイクプリアンプを搭載。高品位なサウンドとクォリティーで定評と実績のある今までのOnyxマイクプリアンプをさらに改良したのが新しいMackie Onyx+™マイクプリアンプです。

「すべてのゲインセッティングを1db以内で20Hzまで追い込むことができる周波数レスポンスを得ることができます。」「すべてのゲインセッティングにおいてノイズは最小限に抑えられます。他社のミキサーではあり得ないことだと思います。」「DL32Rのインプットゲインはプロフェッショナルライブサウンドの厳密な基準のもとデザインされ、真のプロフェッショナルサウンドを実現します。」とBen Olswangは語ります。 (続きを読む…)


2014年10月15日
Mackie 32chデジタルライブサウンドミキサー&マルチトラックレコーディング「DL32R」新製品情報

DL32RLOGO
32チャンネルワイヤレスデジタルミキサー
すべてをiPad®でワイヤレスミキシング
DL32R_L

DL32RはiPadと共にワイヤレスですべてのコントロールを可能にした32チャンネルデジタルミキシングコンソールです。直感的操作を実現するiPadアプリ 「Master Fader™」でミキシングコンソール内部のDSP操作、USBハードドライブへのマルチトラックレコーディング、そしてDL32Rへのマルチトラックプレイバックなどすべての機能をワイヤレスで操作が可能です。いままでにないミキシングを可能にしたデジタルミキシングコンソール、すべてをどこにいても。それがMackie DL32Rです。 (続きを読む…)


2014年10月10日
プロフェッショナルスタジオモニタークォリティ Mackie CRシリーズ発売開始のご案内

Creative_Reference_logo_01
スタジオモニター並みのクォリティーを
マルチメディアモニタースピーカーで実現
プロフェッショナルサウンドクォリティー
Mackie CRシリーズ
CR3_4Family
パフォーマンス性の高いスピーカーユニット構成と便利なフロントパネルコントロールを採用したMackie Creative Referenceマルチメディアモニタースピーカーは、仕事においても、遊びにおいても真のプロフェッショナル級のサウンドを提供するプレミアムマルチメディアモニタースピーカーです。

※スタジオクォリティーデザイン
50Wパワーアンプ、ポリプロピレンコートウーファー、シルクドームツイーターなど高品位なパーツを採用。自然で豊かな低域の伸びを実現するカスタム設計のリアポートやクリアで明瞭度の高い優れた位相特性を実現するウェーブガイドデザインを搭載した木製キャビネットにより、スタジオモニター並みのデザインと音質をマルチメディアモニタースピーカーで実現。

※時間短縮の便利な機能
音量調整のためにいつも懐中電灯でリアパネルを照らしていませんでしたか?CRシリーズはフロントパネルに搭載されたノブで電源のON/OFFやボリューム調整が可能です。また暗い場所でも操作しやすいようにグリーンに光るクールなLEDが点灯します。

※フレキシブルで便利な特徴
豊富な入力端子をリアパネルに装備(6.3φバランス/RCA)。フロントパネルにはスマートホンやMP3プレーヤーを接続可能なステレオミニAUX入力も装備。さらにヘッドホン端子も装備し、ヘッドホンを接続した瞬間にスピーカーからの音はミュートされヘッドホンから聞こえる音量をフロントボリュームノブで調整することができるようになります。

※小さな足跡
限られた作業スペースにぴったりの超コンパクトデザインを採用。

※豊富なアクセサリーが付属
箱から出して今すぐ使えるように必要なケーブルをすべて同梱(■ステレオミニ⇔RCA*2 ■ステレオミニ⇔ステレオミニ ■L/Rスピーカー接続用スピーカーケーブル)。さらに無駄な低域を排除してくれるプロフェッショナルグレードのアイソレーションパッドを2個同梱。
CR_Accessories
(続きを読む…)


2014年10月6日
Mackieデジタルミキサー「DL32R」新製品Web発表会開催のご案内

DL32R_Banner_800x200
2014年9月に発表されたすべてのコントロールを、どこにいてもiPadで無線操作が可能な32chデジタルミキサー「DL32R」。新製品発表会を全世界同時にWebライブ配信いたします。

日時:2014年10月15日AM9:00/太平洋夏時間(PDT)
(日本時間:2014年10月16日AM1:00【深夜】)
事前登録はこちらから

当発表会では「DL32R」製品マネージャーのLOUD Technologies社のBen Olswang氏よるライブチャット配信にて「DL32R」の全貌をご紹介いたします。もちろんライブチャットなので製品に関する質問も承ります。(英語ですが・・・) またThe Alan Parsons ProjectやJourney、One Republic、Big & Rich、LonestarなどのFOHエンジニアを勤め、「DL32R」のロードテストを担当したMartin Frey氏もライブチャットに参加します。彼が実際に「DL32R」を使用した感想なども聞くことが出来ます。さらに当発表会ではアメリカシアトルを拠点に活躍中の6人組バンドHey Marseillesによるライブ演奏も予定しております。 (続きを読む…)