Mixers Loudspeakers Studio Monitors Digital Recording Amplifiers & Processors Software Accessories
2014年10月16日
すべてを、どこにいても。いままでにないミキシングを可能にしたデジタルライブサウンドミキサー Mackie DL32R

DL32R_Email_Header_600x300_v3
DL32RはiPadと共にワイヤレスですべてのコントロールを可能にした32チャンネルデジタルミキシングコンソールです。直感的操作を実現するiPadアプリ 「Master Fader™」でミキシングコンソール内部のDSP操作、USBハードドライブへのマルチトラックレコーディング、そしてDL32Rへのマルチトラックプレイバックなどすべての機能をワイヤレスで操作が可能です。いままでにないミキシングを可能にしたデジタルミキシングコンソール、すべてをどこにいても。それがMackie DL32Rです。

フルヴァージョンの製品紹介ビデオはこちら。

「今までのような考えを捨てることにより、ミキサーは新たな次元へと進化し、より操作しやすいものになると確信してました。」とMackieプロダクトマネージャーのBen Olswangはコメントしました。「妥協なくすべての機能をワイヤレスでコントロールを可能にすることにより、いままでになかったミキシングを可能にしました。」
DL32R_front

Mackie DL32Rは3Uラックマウントの超コンパクトサイズにもかかわらず、フレキシブルでプロフェッショナルな入出力を装備しています。すべての32ch入力(XLR*24個、XLR/TRSコンボ*8個)にはプリアンプゲインやファンタム電源ON/OFFをワイヤレスでコントロールでき、リコール可能な新しいMackie Onyx+™マイクプリアンプを搭載。高品位なサウンドとクォリティーで定評と実績のある今までのOnyxマイクプリアンプをさらに改良したのが新しいMackie Onyx+™マイクプリアンプです。

「すべてのゲインセッティングを1db以内で20Hzまで追い込むことができる周波数レスポンスを得ることができます。」「すべてのゲインセッティングにおいてノイズは最小限に抑えられます。他社のミキサーではあり得ないことだと思います。」「DL32Rのインプットゲインはプロフェッショナルライブサウンドの厳密な基準のもとデザインされ、真のプロフェッショナルサウンドを実現します。」とBen Olswangは語ります。
Master-Fader-3-Mixer
Master Faderコントロールアプリによって14個のXLRアウトプットコネクターにステージモニター送りやマトリックスアウトなどすべての出力をアサインすることができます。またデジタルスピーカープロセッサーなどにアサイン可能なAES/EBUデジタルステレオ出力もフロントパネルに装備。また会場内どこにいてもモニタリングできるようにワイヤレスインイヤーモニターシステムにアサイン可能なステレオモニターアウトプットも装備しています。

Mackie Master Fader iPadアプリによってすべての操作をワイヤレスで操作可能なデジタルミキサー、DL32Rはいままでにないミキシングを可能にしました。メインミキサーを会場内中央に置く必要もございません。ミキサー本体はステージ上、もしくはステージサイドのラックに収納してしまいましょう。もうマルチケーブルは必要ございません。会場内の柱の後ろやバルコニーの下にしかミキサーを置けず、困った会場もあったかと思います。もうこういった会場内の最悪な環境に悩まされることはございません。会場内どこでも最適なミキシングができます。もちろんステージ上で完璧なモニターミックスも可能です。
Master-Fader-3-Overview
メインミックス担当のエンジニアのみならず、モニターミックスのエンジニアや自分のモニターミックスをしたいミュージシャンなど自分のiOSデバイスひとつでDL32Rを操作することができます。触られたくない箇所はメインミックス担当のエンジニアがアクセス制限をかけることも可能です。

DL32Rは2つの方法でマルチトラックレコーディングとマルチトラックプレイバックが可能です。まずはUSBハードドライブにダイレクトでアクセスする方法です。24ビット、48kHzで24トラックレコーディングと24トラックプレイバックが可能です。近い将来、ファームウェアーのアップデートを予定しており、32×32が可能になる予定です。もちろんワイヤレスでこれらの操作ができます。
Master-Fader-3-Recording-Playback
DL32RにUSBハードドライブを接続するだけで会場内どこにいてもプレイバックコントロールが可能です。」「再生データは幕間のBGMやメンバー不足時のバックトラックにも使えます。わざわざレコーディングやプレイバックのための機材を用意しなくても大丈夫ですよ。」とBen Olswang。

2つめの方法は32×32のUSB2.0オーディオインターフェースを装備おり、DAWソフト経由でマルチトラックレコーディングとプレイバックが可能です。レコーディングデータは持ち帰ってミックスダウンしましょう。マルチトラックプレイバックはバンドがいなくとも会場内チューニングができるヴァーチャルサウンドチェックにも使えます。

DL32RにはパワフルなDSPを装備しており、大きなラックや高価なアウトボードエフェクターも必要ありません。すべての32ch入力にはハイパスフィルターを装備した4バンドパラメトリックEQと、ゲート、コンプを装備。4chリターンにはリターンチャンネル専用のEQとコンプ、14chのAUXセンド、6系統のマトリックスバスとステレオL/Rアウトには4バンドパラメトリックEQ、31バンドグラフィックEQ、コンプ/リミッターとタイムアライメント用のディレイも装備。6系統のサブグループにはEQとコンプも装備しています。これらのダイナミクス系プロセッサーにはモダンモードとビンテージモードが任意で選択可能です。さらに2系統のリバーブ、1系統のディレイの空間系エフェクターも装備。また6つのVCAグループや6つのミュードグループを組むことも可能です。
Master-Fader-3-IO-Patch

DL32Rはこの価格でVCAグループやサブグループ、マトリックスバスなどプロフェッショナルミキサーにしか搭載されていなかった機能をも搭載しました。」「すべての入出力にプロフェッショナルな機能を装備し自由なミキシングが可能なデジタルミキサーをこの価格で実現したのはいまだかつてみたことがない」とBen Olswangは語ります。

入力から出力までライブサウンドのために設計されたMackie Master Fader iPadアプリによりDL32Rすべての機能をワイヤレスで操作することが可能です。Mackie Master Faderアプリは非常にシンプルに設計されており、直感的な操作が可能です。32chミキシング可能なパワフルでシンプルなアプリ、それがMackie Master Faderアプリなのです。

「もっとも特徴的なのは自由に設定可能なビューグループです。」「6つの自由に設定可能なビューグループによりたとえばドラムだけとか、うわもの楽器だけとか瞬時に呼び出して調整することが可能です。画面を横にスワイプする時間を短縮できますし、どこに何を入力したかも覚えていなくても大丈夫ですよ。」とBen…


2014年10月15日
Mackie 32chデジタルライブサウンドミキサー&マルチトラックレコーディング「DL32R」新製品情報

DL32RLOGO
32チャンネルワイヤレスデジタルミキサー
すべてをiPad®でワイヤレスミキシング
DL32R_L

DL32RはiPadと共にワイヤレスですべてのコントロールを可能にした32チャンネルデジタルミキシングコンソールです。直感的操作を実現するiPadアプリ 「Master Fader™」でミキシングコンソール内部のDSP操作、USBハードドライブへのマルチトラックレコーディング、そしてDL32Rへのマルチトラックプレイバックなどすべての機能をワイヤレスで操作が可能です。いままでにないミキシングを可能にしたデジタルミキシングコンソール、すべてをどこにいても。それがMackie DL32Rです。 (続きを読む…)


2014年10月10日
プロフェッショナルスタジオモニタークォリティ Mackie CRシリーズ発売開始のご案内

Creative_Reference_logo_01
スタジオモニター並みのクォリティーを
マルチメディアモニタースピーカーで実現
プロフェッショナルサウンドクォリティー
Mackie CRシリーズ
CR3_4Family
パフォーマンス性の高いスピーカーユニット構成と便利なフロントパネルコントロールを採用したMackie Creative Referenceマルチメディアモニタースピーカーは、仕事においても、遊びにおいても真のプロフェッショナル級のサウンドを提供するプレミアムマルチメディアモニタースピーカーです。

※スタジオクォリティーデザイン
50Wパワーアンプ、ポリプロピレンコートウーファー、シルクドームツイーターなど高品位なパーツを採用。自然で豊かな低域の伸びを実現するカスタム設計のリアポートやクリアで明瞭度の高い優れた位相特性を実現するウェーブガイドデザインを搭載した木製キャビネットにより、スタジオモニター並みのデザインと音質をマルチメディアモニタースピーカーで実現。

※時間短縮の便利な機能
音量調整のためにいつも懐中電灯でリアパネルを照らしていませんでしたか?CRシリーズはフロントパネルに搭載されたノブで電源のON/OFFやボリューム調整が可能です。また暗い場所でも操作しやすいようにグリーンに光るクールなLEDが点灯します。

※フレキシブルで便利な特徴
豊富な入力端子をリアパネルに装備(6.3φバランス/RCA)。フロントパネルにはスマートホンやMP3プレーヤーを接続可能なステレオミニAUX入力も装備。さらにヘッドホン端子も装備し、ヘッドホンを接続した瞬間にスピーカーからの音はミュートされヘッドホンから聞こえる音量をフロントボリュームノブで調整することができるようになります。

※小さな足跡
限られた作業スペースにぴったりの超コンパクトデザインを採用。

※豊富なアクセサリーが付属
箱から出して今すぐ使えるように必要なケーブルをすべて同梱(■ステレオミニ⇔RCA*2 ■ステレオミニ⇔ステレオミニ ■L/Rスピーカー接続用スピーカーケーブル)。さらに無駄な低域を排除してくれるプロフェッショナルグレードのアイソレーションパッドを2個同梱。
CR_Accessories
(続きを読む…)


2014年10月6日
Mackieデジタルミキサー「DL32R」新製品Web発表会開催のご案内

DL32R_Banner_800x200
2014年9月に発表されたすべてのコントロールを、どこにいてもiPadで無線操作が可能な32chデジタルミキサー「DL32R」。新製品発表会を全世界同時にWebライブ配信いたします。

日時:2014年10月15日AM9:00/太平洋夏時間(PDT)
(日本時間:2014年10月16日AM1:00【深夜】)
事前登録はこちらから

当発表会では「DL32R」製品マネージャーのLOUD Technologies社のBen Olswang氏よるライブチャット配信にて「DL32R」の全貌をご紹介いたします。もちろんライブチャットなので製品に関する質問も承ります。(英語ですが・・・) またThe Alan Parsons ProjectやJourney、One Republic、Big & Rich、LonestarなどのFOHエンジニアを勤め、「DL32R」のロードテストを担当したMartin Frey氏もライブチャットに参加します。彼が実際に「DL32R」を使用した感想なども聞くことが出来ます。さらに当発表会ではアメリカシアトルを拠点に活躍中の6人組バンドHey Marseillesによるライブ演奏も予定しております。 (続きを読む…)


2014年10月1日
超コンパクトミキサー「MIX Series」新製品情報

Mix_Series_LMOD_554x236
MIX_Series
手ごろな価格
操作性のよさ
実績のあるブランド
丈夫で頼りがいのあるシリーズ

コンパクトミキサーのリーディングカンパニー、Mackieよりコストパフォーマンスに優れたMIXシリーズコンパクトミキサー3機種が発表されました。Mackieのコンパクトミキサーにおける実績、クォリティー、丈夫さはそのまま。よりシンプルで操作しやすい機能と必要とされるサウンドクォリティー、頑丈なデザインをコンパクトなボディーに集約しました。もっともコンパクトで、リーズナブルかつ高品位なコンパクトミキサー、それがMackie MIXシリーズです。

※Mackieでミキシングをはじめませんか?
Mackieは25年もの間、コンパクトミキサーの代名詞「VLZシリーズ」や、オーディオインターフェース搭載「ProFXシリーズ」、「Onyx-iシリーズ」などベストセラーを世の中に送り続けてきました。実証済のパフォーマンス、サウンド、丈夫さを誰でも手に入りやすい価格でMackie MIXシリーズはご提供します。

※高品位な音質
さまざまな音源に対応可能なハイヘッドルーム、低ノイズの高品位なMackie micプリアンプを採用することによりクリアな音質を実現。

※充分な機能
充分な入出力、EQ、容易なルーティング。Mackie MIXシリーズは必要な機能を装備しながらも誰でも手に入りやすい価格でご提供します。ファンタム電源や12種類のエフェクターを搭載したモデルもご用意しております。

※巨額な投資は不要
“戦車級に頑丈な”ミキサーを25年間もの間世の中に送り出してきたMackieだからこそ、この価格でこの信頼性を提供します。金属製の筐体とABS樹脂製サイド保護パネルを採用することにより他社の同価格帯のミキサーでは考えられないほどの耐久性を実現。

※高品位なエフェクター
MIX12FXには12種類のリバーブ、コーラス、ディレイを内蔵。ボーカル用のリバーブからスネア用ディレイまで。さまざまな用途で使用可能なエフェクターは皆様のミキシングレベルを更なる次元に導いてくれます。 (続きを読む…)


2014年9月26日
1600W木製キャビネット「SRM Series」ラインナップ拡充 18インチデュアルサブウーファー「SRM2850」発売開始

SRM2850_logo
1600Wパワード・サブウーファー
最新デジタルクロスオーバー搭載
ハイパワー・パワード・サブウーファー
デュアルウーファーシリーズ

SRM2850_3qrt_Left
SRM2850」はMackieの”戦車級に頑丈な“設計のもと木製キャビネットを採用し頑丈なボディーと驚異的なローエンドを実現した18インチデュアル・ハイパワー・パワード・サブウーファーです。

フレキシブルに調整可能なデジタルクロスオーバーと1600Wのハイパワー・パワーアンプを搭載し、18mm板厚木製エンクロージャーを採用。15インチデュアルフルレンジモデル「SRM750」と組み合わせることにより驚異的なハイパワープロフェッショナルライブサウンドを皆様にご提供します。

※このクラス最高のパワー
カスタム設計、高出力18インチデュアルスピーカードライバーユニットを搭載し、1600Wもの驚異的な出力を実現。フルバンドライブイベントやロックフェス、大規模CLUBにも対応可能なシステムです。

※Built-Like-A-Tank
内部を支柱で補強し、“戦車級に頑丈な”18mm板厚木製エンクロージャーを採用。フロントグリルは強靭なブラックスティールを採用し頑固なまでにタフな設計は無駄な箱鳴りを防止するだけでなく、移動の多い過酷なPA/SR現場でも安心してお使いいただけます。さらにフロントポートダクトデザインは豊かな低域再生とスピード感のあるサウンドを実現。
SRM2850_Back_Panel
※可変デジタルクロスオーバー
SRM650/SRM750用のプリセットクロスオーバーを装備。Mackoidなら誰でも簡単にシステムアップが可能です。さらに60Hz~120Hzまで可変可能なデジタルクロスオーバーも搭載。オレンジノースリッジブランドやブルーコスタメサブランド、音叉マークのMade in Japanブランドなど、どんなブランドのフルレンジモデルがきても対応可能。

※多彩なアウトプット
ステレオフルレンジ出力は追加の補正スピーカーやサブウーファーを拡張することが可能。ステレオハイパス出力端子とデジタルクロスオーバーを組み合わせて使用することによりフルレンジスピーカーのミッドレンジパフォーマンスを劇的に向上させられます。

※システム保護回路搭載
限界まで音量を上げても大丈夫。Mackie Smart Protect™DSPが突発的な過大入力からスピーカーを保護してくれます。 (続きを読む…)


1600W木製キャビネット「SRM Series」ラインナップ拡充 15インチデュアルウーファー「SRM750」発売開始

SRM750_logo
1600W高解像度パワード・ラウドスピーカー
最新DSP搭載
高解像度パワード・ラウドスピーカー
デュアルウーファーシリーズ

SRM750_3qtr
高解像度パワード・ラウドスピーカー「SRM750」はMackieの”戦車級に頑丈な“設計のもとパワードスピーカーに求められるシンプルな操作性とプロフェッショナルな現場に求められる機能性を向上させました。

1600Wのハイパワー・パワーアンプを搭載し、さらにデュアルウーファーを採用した「SRM750」はライブサウンドレベルに充分な音量を実現。18インチデュアルサブウーファー「SRM2850」2本と組み合わせることにより驚異的なハイパワープロフェッショナルライブサウンドを皆様にご提供します。

※このクラス最高のパワー
最高のサウンドをかもし出す15インチデュアルウーファーを採用した2Wayフルレンジモデル「SRM750」はカスタム設計、高出力スピーカードライバーユニットを搭載し、1600Wもの驚異的な出力を実現。フルバンドライブイベントやロックフェス、大規模CLUBにも対応可能なシステムです。

※Built-Like-A-Tank
内部を支柱で補強し、“戦車級に頑丈な”15mm板厚木製エンクロージャーを採用。フロントグリルは強靭なブラックスティールを採用。頑固なまでにタフな設計は無駄な箱鳴りを防止するだけでなく、移動の多い過酷なPA/SR現場でも安心してお使いいただけます。

※スタジオモニター並みの高解像度サウンドを実現
上位機種のHDシリーズや兄弟ブランドのEAWで採用されているDSPを搭載。HFホーンの鳴りやLFドライバーの無駄な音をアコースティック補正アルゴリズムで最適化することにより自然で奥行きのあるスタジオモニタースピーカー並みの高解像度サウンドを実現
SRM750_rear_panel
※独立した2chのミキサー搭載
独立したレベル調整可能なワイドレンジのMackie Wide-Z™入力端子を2ch分装備しマイクやラインレベルはもちろんのことギターなどのハイインピーダンス入力にも対応。さらにステレオRCA端子も装備しさまざまな音源に対応が可能。

※ワンタッチで切り替え可能なスピーカーモード
4種類のスピーカーモードをワンタッチで切替可
1:PA Mode
2:DJ Mode
3:FILL Mode
4:SPEECH Mode

※Feedback Destroyer
4ポイント、1/16オクターブフィルターで急激なハウリングを回避

※様々なニーズに対応
メインスピーカーとしてデュアルサブウーファー「SRM2850」の上にスタック、スタンドアローンやサイドフィルモニター用として三脚設置、常設用としてM10リギングポイントを10箇所装備。パワードスピーカーに求められるさまざまなニーズに対応。 (続きを読む…)


2014年9月12日
伝説のライブサウンドスピーカー『SRM Series』がversion3にヴァージョンアップし発売開始

SRM series_logo最新DSP搭載
1000W高解像度パワード・ラウドスピーカー
新たなる伝説SRM V3シリーズ
SRM450_350
コンパクトパワード・ラウドスピーカーの代名詞として全世界でベストセラーのSRMシリーズがV3になって進化を遂げました。外観、寸法サイズはそのままで、1000Wハイパワーアンプを搭載。さらに使用状況に応じてワンタッチで切替可能な4種類のスピーカーモード、急激なハウリングを瞬時に回避可能な4ポイントのフィードバックデストロイヤーも搭載。また、独立したレベル調整可能なワイドレンジのMackie Wide-Z™入力端子を2ch装備し、マイクやラインレベルはもちろんのことギターなどのハイインピーダンス入力にも対応。さらにステレオRCA端子も装備し様々な音源にも対応が可能です。コンパクトパワードスピーカーSRM v3シリーズは卓越した機能を豊富に搭載し、さらなる飛躍を続けていくことでしょう。
SRM_REAPANEL

※1000W D級パワーアンプ搭載
2Wayフルレンジモデル「SRM450v3」「SRM350v3」をご用意。この2つのモデルはカスタム設計、高出力スピーカードライバーユニットを搭載し、1000Wもの驚異的な出力を実現。ポータブルスピーカーマーケットに求められる最高のサウンドを実現。

※ハイパワーサウンドだけではなく・・・。
使用用途に応じてワンタッチで切替可能な4種類のスピーカーモード。急激なハウリングを回避してくれるフィードバックデストロイヤー。人手の足りない現場やチューニングの時間が少ない現場でもSRM v3シリーズが皆様をお手伝いいたします。

※スタジオモニター並みの高解像度サウンドを実現
上位機種のHDシリーズや兄弟ブランドのEAWで採用されているDSPを搭載。HFホーンの鳴りやLFドライバーの無駄な音をアコースティック補正アルゴリズムで最適化することにより自然で奥行きのあるスタジオモニタースピーカー並みの高解像度サウンドを実現。

※独立した2chのミキサー搭載
独立したレベル調整可能なワイドレンジのMackie Wide-Z™入力端子を2ch分装備しマイクやラインレベルはもちろんのことギターなどのハイインピーダンス入力にも対応。さらにステレオRCA端子も装備しさまざまな音源に対応が可能。

※15年以上守り続けているもの
15年前に発売開始されたSRMシリーズは今日に至るまで“戦車級に強靭な”キャビネットデザインや「スタジオモニター並みのサウンドをPAシステムで再現したい」という基本設計理念はそのまま変わることなくSRM v3に受け継がれました。 (続きを読む…)


2014年9月3日
Mackie DL32R

100% デジタル
100% ワイヤレス
110% の満足度

すべての操作を、どこにいても。
iPadと共に使用可能なデジタルミキサー「DLシリーズミキサー」に新たなラインナップが拡充されます。
すべての詳細は2014年10月15日、Mackie webイベントにて。


2014年8月5日
「第5回すみだ・ストリートジャズフェスティバル」をMackie PAシステムがサポート

SSJF2014LOGO
2014年8月16日(土)~17日(日)錦糸町駅および東京スカイツリー周辺の墨田区内 屋内外32ステージで開催される「第5回すみだストリートジャズフェスティバル」をMackie PAシステムがサポートします。日本全国から250バンド以上が集結し、全会場無料でライブが楽しめる盛大なイベントです。

Mackie PAシステムがサポートする会場は東京の新名所、東京スカイツリーを真上に見上げることの出来る「東京ソラマチ4Fスカイアリーナ」 ビックバンド&ブラスバンド専用ステージです。

メインスピーカーには1600W高解像度パワードラウドスピーカー12インチ2Wayの「SRM550」と1600W18インチシングルサブウーファーの「SRM1850」。フロアモニター、およびサイドフィルモニターには2000w同軸2way、コンパクトハイパワーパワードラウドスピーカー「DLM8」、「DLM12」にてサポート。またメインミキサーにはiPadと共に使用可能なデジタルミキサー「DL1608」にてサポートいたします。 (続きを読む…)