Mixers Loudspeakers Studio Monitors Digital Recording Amplifiers & Processors Software Accessories
Mackie Featured Users

INXS、Mackieのモニターシステムをリアリティショー用に使用

この夏一番話題の新しいリアリティショーシリーズ「Rock Star:INXS」は、オーストラリアのロックバンドINXSとリアリティショーの巨匠Mark Burnett(「Survivor」、「The Prrenctice」など)のコンビが、INXSの新しいリードシンガーを探す番組です。この番組は、台本のないドラマと、パフォーマンスの競争を組み合わせ、毎週リードシンガー希望者が脱落していき、最後に残った勝者がINXSの次のスタジオセッションとワールドツアーに参加することができるというものです。

番組の一部として、最終候補者は、INXSと一緒に、ロサンゼルスのWestlakeスタジオでシングルをレコーディングする機会を与えられます。このレコーディングセッション用に、INXSのテクニカルディレクター、Steve Jonesは、INXSとRock Starの参加者が、大音響で新しいソングをライブ作業できるような、コンパクトでしかもアウトプットを多数搭載したモニタリングシステムを探していました。

念入りにリサーチを行った結果、Jonesは、完璧なステージモニタリングソリューションは、TT24 デジタルライブコンソールと、Mackieアクティブ・ラウドスピーカーを基本としたMackieシステムであるという結論に達しました。

「従来のモニターシステムと、パッシブ・スピーカーと使用するアンプリファイヤーやパラメトリックEQのラックを積み上げるためのスペースはありませんでした。」と、Jonesは説明します。「さらに、INXSは大音響で演奏することを好み、Jon Farrissのドラムキットと2組のギター用機材も置かなければならないため、モニター用のスペースをキープするのは非常に厳しいものがありました。」

メインルームには、JonesはSWA1801サブウーハーに加え、バンド用に5台のMackieSRM450アクティブPAスピーカーと、ドラムモニター用に追加のSRM450を導入しました。「サブウーハーは、求められていたドラムポジション用のローエンドを提供し、そしてSRM450と非常にマッチしていたため、セットアップはとても簡単だった。」と、Jonesは話します。「はじめは、SRM450がドラムとクアドボックスを越えるのに十分なボリュームを出せるか不安でしたが、十分すぎるほどクリーンなアウトプットを提供してくれました。これには非常に感動したよ。」

モニターのコントロール用には、JonesはMakieのTT24デジタルライブコンソールを選択しました。「TT24はコントロールルームに完璧なサイズでした。」と、彼は説明します。「72チャンネルNeveと多数のアウトボードギアがすでに部屋に設置されていたため、スペースに限界を感じていたんだ。それで、TT24をNeveの後ろと横に設置し、となりにローカルのモニタースピーカーとしてMackie SRM350を置いてみたんだ。」

Jonesは更に続けます。「TT24から両方のウェッジをセンドにつないで、Auxモードで使用してみた。インプットはテープとNeveのインサートセンドからの組み合わせから転送するため、分割の必要がなく、すべてがメインコンソール経由でレコーディングすることができたんだ。TT24のmic/lineチャンネルEQとフィルター、さらにAuxセンドのイコライザーとコンプレッサー(特にキルフィルター)をうまく使用することによって、モニターシステム全体にEQをかけることもできたよ。」

また、Mackie Onyx 1620スモールフォーマット・アナログミキサーも、コントロールルームのエフェクトサブミキサーそしてトラッキングルームのキーボード・サブミキサーとして、システムに導入されていました。Mackie Onyx 800Rラックマウント・マイクプリアンプーは、システムの様々なパートに簡単に移動することができる、8チャンネルのクリーンでスムーズなマイク、ラインアンプとデジタル変換機能を提供しました。

「私は、特にMackieのOnyxマイクプリアンプのクオリティに感激したね。」と、Jonesは話します。「Onyx 800Rは、クリーンでレスポンスが良く、ハイエンドプリアンプを満載した私達のスタジオに完璧にフィットしたよ。しかし、Onyx 800Rの最大の魅力は、1ラックスペースのフレームにMackieが搭載した多彩な機能かもしれない。Mic/lineプリアンプ、デジタル変換、DI、MS、ディザリング、BNCワードクロック、リボンマイク用の様々なインピーダンスなど優れた機能を搭載し、どのエリアでも失敗することがなかったよ。スタジオの救世主を探している人がいたら、800Rを特にお勧めだね。」

Features:

TT24
SRM450
SRM350
Onyx 800R
Onyx 1620




 

Press | Register a product | Dealer Locator | Forums | Jobs | Corporate Info | Legal

Alvarez | Ampeg | Crate | EAW | Knilling | Mackie | SLM Marketplace | TAPCO
Copyright © 2007 LOUD Technologies Inc. All Rights Reserved.